目の配置

2009年4月25日 (土)

ウロコアシナガグモの眼

0904251
前回のつづきっぽくなりますが、今回もウロコアシナガグモにご登場願いました。こちらで〜す。

小さな瞳がきれいに並んだかわいらしい顔。小振りのお顔がちょっと美人系でしょうか。何度も書いてしまいますが、アシナガグモ科の顔は好みです。


0904254
スレンダーだけど、ちょっぴりグラマラス。いいですね〜、モデルっぽい感じが。グリーンのお召し物もとってもステキ! ちょっと貴婦人ぽい気がしませんか。これからは、マダム・アシナガグモとでも呼びましょうか。


0904253
お腹の裏もキラキラしています。表面よりこちらの方が鱗っぽく見えますね。


0904252
こちらはオスの亜成体。参りました。オスもきれいです。


0904255
お腹の裏はメスと似たような色と模様。体はメスより一回り小さいです。蜘蛛はオスの方が小さいことがほとんどです。しかも、模様が全然違っていたりします。

「これは似ているじゃないか」ってお思いになるでしょう。それは、このオスがまだ大人になっていないからです。あと一回、最後の脱皮をすると成体になります。その時は明らかにメスとは違った姿に変わることでしょう。それがまたきれいなんですよ〜。部分的に紅をさしたように赤くなって。

●ウロコアシナガグモ/Tetragnatha squamata
アシナガグモ科アシナガグモ属

撮影:2008.5.8/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

ヤサアリグモの眼

0904201
この写真で眼の配置を確認しろというのは酷な話かもしれません。なんとなくわかる程度です。


0904202
全体像はこちら。体長は3.5ミリ。脛節より下が半透明です。やや黄色味を帯びているでしょうか。

じつはヤサアリグモを見るのは初めてでした。雑木林の縁にあった低木の枝先にいました。それほど珍しい蜘蛛ではないと思いますが、お目にかかったのはこのとき一回だけ。なにぶん小さな蜘蛛なので、見つけるのが難しいのかもしれません。


●ヤサアリグモ/Myrmarachne intermichelis
ハエトリグモ科アリグモ属

撮影:2008.5.8/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

ワシグモ科の眼

0904101
目元の爽やかなワシグモ科の蜘蛛ですが、名前は何でしょう?


0904102
独断ですが、トラフワシグモと判断しました。上から見ると頭胸部の方が大きいです。何となくオス体型だと思ったのですが…


0904103
腹部の裏を見てみると、外雌器があるのでメスのようです。まだ完全な成熟を迎えていないのでしょうか。


0904104
それにしても、ワシグモ科の糸疣はおもしろい形をしています。使い古した書道の筆のようなものを4つもくっつけているんですから。

●トラフワシグモ/Drassodes serratidens
ワシグモ科ワシグモ属


撮影:2008.5.8/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

水陸両用の蜘蛛

0904021
精悍な顔つきをしたこの蜘蛛はキクメハシリグモです。私はこの蜘蛛が生息している場所を一か所しか知りません。茨城県内を隈無く探したわけではありませんが、常に蜘蛛には注意を払っているつもりです。つまり、特別な環境にしかいない蜘蛛ではないかと推測できます。

この蜘蛛を見つけたのは谷津田の脇を流れているコンクリート水路。そこには相当数の個体がいました。しかも、彼らは平気で水のなかに潜っていきます。私が近づく気配を察知すると、危険を回避するかのごとく一斉に水中に隠れるのです。軽く5分くらいは潜っていられます。体全体に細かい毛が密集しているらしく、そこに空気をまとい呼吸をしているようです。なかなかの知恵者と言うか、高機能スーツをお持ちのようです。


0904022
0904023
姿はアオグロハシリグモととても良く似ています。よく見ると、頭胸部に放射状の白い線があるので違いが認識できます。学名にあるstellatusは「星」を意味する言葉でしょうか。もしそうだったら、放射状の線を星の形に見立てたのかもしれない…と勝手に想像しました。


●キクメハシリグモ/Dolomedes stellatus
キシダグモ科ハシリグモ属

撮影:2008.5.8/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

サラグモ科、ヘリジロサラグモの眼

0903171
こちらは、私が勝手にヘリジロサラグモと思い込んでいる蜘蛛です(間違いの可能性が大なのでご注意を)。この個体はオスです。体が黒いので、眼の配置がわかりにくいかもしれません。


0903172
上から見ると、腹部より頭胸部の方がボリュームがあります。


0903173
こちらはメスです。オスとは逆に腹部の方がボリュームがあります。

茨城県南部にはこの蜘蛛がたくさんいます。不思議なことに、冬でもたま〜に幼体を見かけることがあります。意外と寒さには強い種なのでしょうか。バルーニングで寒空をあちこちに旅しているような感じです。


撮影:2008.5.7/小美玉市・旧小川町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

メガネドヨウグモの眼

0903081
メガネという名前は、頭胸部の模様が眼鏡に似ていることに由来するようです。メガネドヨウグモはアシナガグモ科です。

私はアシナガグモ科の眼の並び方は、かわいらしくて好きです。眼の大きさにメリハリがないと言えばそれまでですが、小粒の眼がパラパラとちりばめられているのが微笑ましいです。両端の眼がくっついているのは別にして、それぞれがつかず離れずほぼ均等に配置されているのも好感が持てますね〜。


0903082
こちらは腹部裏側から撮ったものです。黄色いラインが特徴的なので、すぐにわかります。アシナガグモ科の蜘蛛は網にぶら下がる姿勢をとるので、見えるのはほとんど腹部です(人の身長より高い場所に網を張っている場合は背中が見えます)。

茨城県南部ではそれほど個体数が多くないようです。いる場所にはいるのかもしれませんが、自分はあまり見かけていません。


●メガネドヨウグモ/Metleucauge yunohamensis
アシナガグモ科オオドヨウグモ属

撮影:2008.5.7/小美玉市・旧小川町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

眼が後ろを向いている

0902081
眼が八個あるのですが、上部両側の眼が斜め後方を向いているので確認しにくいかもしれません。カニグモ科の蜘蛛は、なぜかみんなこのような配置になっているような気がします。


0902082
さて、明らかにカニグモ科の蜘蛛ではあるのですが、何グモかはわかりません。茨城県南部ですと、ヤミイロカニグモが圧倒的に多いのですが、この蜘蛛もそうかと言うと…う〜ん、微妙です。

私が未熟なせいもありますが、カニグモ科って見分けるのが非常に難しいような気がします。


撮影:2008.5.2/小美玉市・旧小川町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

イヅツグモの眼

0901171
写真がよくないので眼の配置が確認しづらくて申し訳ありません。


0901172
さて、イヅツグモという蜘蛛ですが…
本来ならもっと目についてもいいと思うのですが、私はあまり見かけません。見つけた記録は二か所だけです。一か所は県南部・阿見町の雑木林。もう一か所は同じく県南部・石岡市(旧八郷町)の雑木林です。見つけ方が下手だということを差し引いても少ないと思います。

この蜘蛛は網を張りません。徘徊して小さな虫などを捕まえるらしいのですが、獲物を捕らえていることに出くわしたことがありません。自分にとっては謎の多い蜘蛛です。さて、今年はイヅツグモに出会えるのか? ちょっと楽しみにしています。


●イヅツグモ/Anyphaena pugil
イヅツグモ科イヅツグモ属

撮影:2008.5.4/石岡市・旧八郷町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

カニグモ科のガザミグモ

0901131
カニグモ科のガザミグモのオスです。メスは比較的良く見かけますが、オスはあまり見たことがありません。眼の配置を確認しようにも、顔が黒いのでよくわかりませんね〜。


0901132
上から見ると、その異様な姿が強調されます。まるでUFOキャッチャーのような長い前脚を持っています。体長の3倍近くあるのではないでしょうか。これが手の平サイズの蜘蛛だったら…恐ろしさを通り越して、感動さえ呼ぶでしょう! 見たい、見てみたい、そんな蜘蛛を。


●ガザミグモ/Pistius undulates
カニグモ科ガザミグモ属

撮影:2008.5.4/石岡市・旧八郷町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

ワシグモ科の蜘蛛

0812301
眼の配置を確認するには、ちょっと不鮮明で画像が小さいかもしれません。でも載せちゃいました。

ワシグモ科の蜘蛛に違いないと思います。○○トンビグモという名前がつく種類のような気がします。個人的にはナミトンビグモだと思っています。


0812302
全体像はこちら。妙に毛深いですね〜。腹部の毛は、陽の光を浴びると輝いて見えます。角度によって微妙に色が違いますが、何となく緑っぽく見えます。なかなか美しいですよ〜。


撮影:2008.5.2/小美玉市・旧小川町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)