脱皮殻

2011年7月16日 (土)

シャコグモの衣替え

1107161

糸にぶら下がりながら脱皮する蜘蛛の姿をたまに見かけることがあります。


こちらはエビグモ科のシャコグモの脱皮姿です。写真に撮った以外にも、周囲では複数のシャコグモが脱皮していました。


シャコグモは集団脱皮をする性質でもあるのでしょうか?


1107162

茨城県南部で見かけるエビグモ科の蜘蛛と言うと、アサヒエビグモ、キハダエビグモ、キンイロエビグモ、ヤドカリグモ、そして写真のシャコグモが多いです。樹皮上で見かけることが多いのがキハダエビグモです。草地の葉上で見かけることが多いのがヤドカリグモ、シャコグモ、キンイロエビグモなど。アサヒエビグモは草地と樹皮上のどちらでも見かけます。


記憶をたどってみると、シャコグモを樹皮上で見かけた経験はないような気がします。シャコグモっているところにはいるのですが、いないところにはまったくいないという印象があります。


腹部中央に色の濃い帯があって、末端近くに一対の点があるのが特徴でしょうか(よく見ると腹部の上の方にも小さな一対の点があります)。


体と脚の長さの比率を比較すると、脚の長いエビグモの仲間のなかでは短足の部類に入るような気がします。


●シャコグモ/Tibellus japonicus
エビグモ科シャコグモ属


(撮影:2011.6.12/土浦市)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

般若の角

0909161
山の方に行くとこの蜘蛛をたまに見かけます。たぶん、ヤマヤチグモだと思います。糸疣に特徴があるので、覚えやすいです。自分としては般若のお面についている角のように見えるのですが、いかがなものでしょう?


0909162
この蜘蛛はクサグモやコクサグモの張る網によく似た棚網を張ります。写真の網上に散らばっているゴミのようなものは子蜘蛛たちの脱皮殻です。


0909163
最初の脱皮をした子蜘蛛たちを果敢に撮影してみましたが、あまりにも小さいのでよく写っていません。


●ヤマヤチグモ/Tegecoelotes corasides
ヤチグモ科ヤマヤチグモ属

撮影:2009.9.10/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

脱ぎ捨てられたドレス

0907121
ドレスとは美化し過ぎでしょうか。蜘蛛の脱皮殻です。見たところハエトリグモ科の蜘蛛に間違いなさそうです。残念ながら種までは判断できません。

かなりきれいな状態で残っています。今思えば、持ち帰って宝にすればよかったと後悔。宝とは言い過ぎですね。ははは。


撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

脱皮したのは誰?

0806083
蜘蛛の住居らしきものを見つけました。何が入っているのかと開けてみると、出てきたのは抜け殻。いったい誰が脱皮したのでしょう?


0806084
近くにはアサヒエビグモがいました。それを見て、何となくエビグモ科の蜘蛛のような気がしてきました。しかし断言はできません。同じエビグモの仲間のキハダエビグモなどは空中にぶら下がって脱皮するようです。それを考えると、同じ仲間のアサヒエビグモが脱皮用の部屋を作るとは考えにくいです。

もしかするとキハダエビグモも脱皮用の部屋を作ることがあるのかもしれないと想像したりします。また、そのときの状況に応じて、ぶら下がり脱皮と部屋での脱皮を使い分けているのかも…なんてことも考えたりします。些細なことからいろいろなことを空想できるのも蜘蛛観察のおもしろいところです。


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.6.1/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)