シボグモ科

2010年5月17日 (月)

ツー・トーンのシボグモ

1005171
「おや、珍しい蜘蛛!」と思ったら、よく見るシボグモのような雰囲気。しかし、頭胸部の色がやけに灰色っぽいです。本来は全身が茶色、あるいは薄茶色なのですが…

色彩変異なのか、個体差なのか、本当のことはわかりません。ひょっとすると、脱皮直後で色が定着・安定していないとか?

いつもと違ったシボグモを見られたのはラッキーだと思うことにしました。


●シボグモ/Anahita fauna
シボグモ科シボグモ属

撮影:2010.5.2/土浦市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

ちょっと豹柄?

1004091
春ですね〜。里山には蜘蛛がいっぱいです。でも、走り回るヤツばっかりで写真がうまく撮れません。

走り回る蜘蛛は撮るのを止めようと思いましたが、この蜘蛛は少しの間じっとしていてくれました。シボグモです。枯れ葉の色によく似ています。もしかして、保護色になっているのかも。

色数は少ないですけど模様のアクセントが効いているので、とっても素敵な蜘蛛に見えます(私だけかも)。個人的には好きな蜘蛛です。頭胸部の側面にある模様などは、豹柄にも見えませんか?

(え〜、ちょっとだけじゃん!)

はい。そうかもしれません。


●シボグモ/Anahita fauna
シボグモ科シボグモ属

撮影:2010.4.8/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

シボグモの眼

0812231
いまいちメジャーでない蜘蛛、シボグモです。身の周りに結構いるんですが、馴染みがあまりないようです。真ん中の眼はやや大きく、ほかの眼も中央に集まっています。


0812232
地味な蜘蛛なんですが、模様に特徴があります。自分としてはかなり好きな蜘蛛です。


●シボグモ/Anahita fauna
シボグモ科シボグモ属

撮影:2008.4.30/土浦市・旧新治村
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

シボグモがいっぱい

0806114
落葉の上を盛んに歩き回っている蜘蛛がいます。シボグモです。普通はぽつりぽつりと見かける程度ですが、何匹も歩いていました。


0806115
この蜘蛛は好きな蜘蛛のひとつです。色彩的には地味ですが、深い味わいのある蜘蛛だと思います。


0806116_2
足元にはたくさんのコモリグモがいます。ハリゲコモリグモのようです。


0806117
こちらはオスです。頭胸部の中央の毛が白いのが特徴です。

一番前の脚もかなり白っぽいです。触肢の曲がるところに白い毛が生えているのも他のハリゲコモリグモと見分けるときに目印になります。

●シボグモ/Anahita fauna
シボグモ科シボグモ属

●ハリゲコモリグモ/Pardosa laura
コモリグモ科オオアシコモリグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.6.4/笠間市・旧友部町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

この蜘蛛が好きです

0805091
特別な理由はありませんが、シボグモは好きな蜘蛛のひとつです。


0805092
シンプルな模様ですが、美しいと思います。


0805093
0805094
上から見てみましょう。頭胸部の模様は、まるで墨で描いたかのように縁の方が滲んでいます。このあたりの和風な色調やタッチが心をくすぐるのかもしれません。


0805095
特別に顔のアップも撮ってみました。かなりの細面で、眼の配置も密集している印象を受けます。

●シボグモ/Anahita fauna
シボグモ科シボグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.4.30/土浦市・旧新治村)

| | コメント (0) | トラックバック (0)