ネコグモ科

2010年4月13日 (火)

蜘蛛は祈る。「空が飛べますように…」

1004131
両手を高く振り上げる蜘蛛。この後、手を岩に下ろしてお尻を持ち上げていました。どうやら空が飛びたいようです。いい風が吹いてきたらお尻から糸を出して風に流し、たなびく糸と一緒に空に舞い上がろうという算段なのでしょう。まるで雨乞いの祈祷のような行動でした。

「蜘蛛は空を飛ぶ」と言ったら不思議に思うかもしれませんが、多くの種類の子蜘蛛たちは、みんなこの方法で親元を離れ各地に散っていきます。聞いたところによると、これをバルーニングと言うそうです。

残念ながら写真の蜘蛛は離陸しませんでした。何度か試行した後、パタリと止めていそいそと帰っていきました。「今日の風はいまいちだなぁ」と言っていたかどうかはわかりません。


1004132
この蜘蛛はネコグモ科の蜘蛛です。たぶんウラシマグモ属だと思います。きっと、ウラシモグモ、イナズマウラシモグモ、キレオビウラシマグモのどれかでしょう。みんな似ているので、腹部表面の模様をよく観察しないと判断できません。この写真の角度からは、光の反射で模様がはっきりしませんね。捕獲する前に逃げてしまったのが残念です。

体長3ミリ強の小さな蜘蛛です。茨城県南部では、雑木林の落葉の下に意外にもたくさんいます。よく見かけるのですが、小さい上に動き回るので撮影を避けることが多いです。しかし、今回はへんな儀式をしていたので撮ってみました。

撮影:2010.4.8/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

落葉の下でうごめく蜘蛛

08060110806012
体長約3ミリの小さな蜘蛛です。ウラシマグモは雑木林の落葉の下などにたくさんいます。よく見ないと蜘蛛とは思えません。初めて見る人だと、ダニあるいは小さな昆虫と勘違いするでしょう。上の写真はメスで、下のオスと比べるとふくよかです。


08060130806014
こちらはオスです。ちょうど上のメスと交接しているところを捕まえました。オスはメスよりも少し小さく、3ミリ弱ほどの体長です。このオスはメスの背中から斜めに覆いかぶさるように抱きついていました。しかも、メスは抱きつかれた状態で普通に歩き回っていました。女性の逞しさを感じました。


●ウラシマグモ/Phrurolithus nipponicus
ネコグモ科ウラシマグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.5.28/小美玉市・旧美野里町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

イナズマか、それともウラシマか

0804131
だいぶ暖かくなって、雑木林でいろいろな蜘蛛を見かけるようになりました。写真は先日見かけた蜘蛛です。ハリゲコモリグモの仲間ですが、断定はできません。たぶん、ハリゲコモリグモかヤマハリゲコモリグモではないかと思います。この日は、ほかにもフジイコモリグモやウヅキコモリグモを見かけました。


0804132
0804133
こちらはネコグモ科のウラシマグモ属の蜘蛛です。ウラシマグモ、あるいはイナズマウラシマグモでしょう。個人的にはウラシマグモの可能性の方が高いと思っています。


0804134
このような落葉の下にたくさんいました。


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.4.11/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

去年の蜘蛛…ネコグモ

0802072
体長3〜4ミリの小さな蜘蛛です。たぶんネコグモだと思うのですが、自信がありません。よく見ると触肢が出来上がっているようなのでオスの成体のようです。


0802071
平地から山地まで広く生息する蜘蛛のようで、一年中見られると図鑑に書いてあります。その割にはあまり見たことがありません。もっと注意深く探せば見つけられるのかもしれませんが、かなり小さいので出会いは“運”のような気がします。

●ネコグモ/Trachelas japonicus
ネコグモ科ネコグモ属


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.2.21/かすみがうら市・旧千代田町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

印象に残る蜘蛛5…ヤバネウラシマグモ

0801051
こちらも昨年撮影した蜘蛛です。名前はヤバネウラシマグモ。

図鑑によれば、平地から山地まで広く生息する蜘蛛らしいのですが、自分は初めて見ました。見つけたのは竹薮とクリ畑が隣接する場所。地面の上を歩いていました。

探して見つかる蜘蛛ではなさそうですが、探さないと目に入らないような気もします。運が良ければ見つかるし、注意しなければ気付きもしない蜘蛛だと思います。


0801052
特に美しいわけではありませんが、腹部の裏の写真も載せておきます。触肢がふくらんでいるのでオスのようです。


●ヤバネウラシマグモ/Phrurolithus pennatus
ネコグモ科ウラシマグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.6.27/小美玉市・旧美野里町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)