ヤマトガケジグモ科

2008年6月 6日 (金)

ガケジグモはこれしか見たことがない

08060613
ヤマトガケジグモのようです。模様の変異があると聞いたことがありますが、観察場所になっているこの公園ではこの模様のものしか見たことがありません。末端にかけて白い紋が小さくなっていくこの形で安定しているようです。

ほかの地域でヤマトガケジグモを見たことがないので、他地域の個体は違っているのかもしれません。もしかすると、模様に地域性がある種類かもしれないので、ぜひほかの地域でも探してみたいと思います。


●ヤマトガケジグモ/Nurscia albofasciata
ヤマトガケジグモ科ヤマトガケジグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.5.28/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

岩場の陰にガケジグモあり

前回のつづき…


0711131
市内の公園の一角に池があり、その岸にゴツゴツとした岩場があります。ここには意外にもたくさんの蜘蛛が住んでいます。春頃にこの場所でヤマトガケジグモを見つけました。今回も見つかるかと思い、この岩場に足を踏み入れてみました。


0711132
岩場の陰に木の葉が丸まって落ちています。蜘蛛の気配を感じて枯れ葉を取り出してみると、そこには黒い蜘蛛がいました。腹部に特徴のある白い線が入っています。ヤマトガケジグモのようです。


0711133
0711135
0711134
体長は4〜5ミリで、まだ幼体のようです。なかには真っ黒な個体もいました。小さいうちは、岩場にある枯れ葉を利用して住まいをつくっているようです。

次回へつづく…

●ヤマトガケジグモ/Nurscia albofasciata
ヤマトガケジグモ科ヤマトガケジグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.11.9/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)