エンマグモ科

2008年4月29日 (火)

古代遺跡から6眼の蜘蛛

0804291
今回は、ひたちなか市からの報告です。ここは市内(旧勝田市)にある虎塚古墳。かねてから行ってみようと思っていた場所です。ちょうど、近くで打ち合わせがあったので帰りに寄ってみました。


0804292
こちらが虎塚古墳です。わりと小規模な前方後円墳ですが、なかには彩色壁画が描かれています。なんでも壁画古墳としては日本で初めて発見・調査されたものらしいです。茨城県民は本当にPRが下手なので、こんないいものがありながらほとんどの人が知らない歴史遺産になっています。宝の持ち腐れです。本当にもったいない!

ちなみに、ひたちなか市(旧勝田市)は甲斐武田氏発祥の地という話も聞いたことがあります。旧勝田市には武田という地名が今も残っているそうです。ことの真偽は歴史家の調査・分析に任せるしかありませんが、こんな話の種をアピールしないなんて…茨城県民は本当におっとりしているというか、欲がないというか、商魂のかけらもないような気がします。まぁ、それが茨城県民の素朴さなのでしょう。自分自身が茨城県民なので、よ〜くわかります。私はそんな茨城の県民性が好きです。


0804293
こちらは解説用の看板に描かれていた壁画です。じつは、虎塚古墳のほかにも見たい場所があるのですが、そちらは次の機会に行こうと思っています。たしか、洞穴みたいなものがいくつもある遺跡で、珍しい蜘蛛がいるのではないかと大いに期待している場所です。名前は「十五郎穴」。なんでも奈良時代の集団墓地らしいです。


0804295
前置きが長かったです。失礼しました。気を取り直して蜘蛛の報告です。

こちらはカエデ(たぶんトウカエデ)のめくれた樹皮に作られた蜘蛛の住居です。


0804294
「ごめんくださ〜い」

かわいそうですが、向学のために樹皮を剥がさせていただきました。ところで「ごめんください」って方言でしょうか? 人様のお宅に入るときの挨拶のひとつとして、茨城ではこの言葉を使います。「失礼します」という意味です。


0804296
さて、出てきたのがこの蜘蛛。ミヤグモです。ひっさ〜しぶりの再会です。わ〜い、わ〜い。うれしー。この蜘蛛、かわいらしくて大好きです。産毛に包まれたような感じですし、頭胸部もスッキリとした美顔。


0804297
改めてアップで撮ってみました。

今まで二度ほど見ていますが、いずれも住居に隠れていたところを無理矢理取り出して撮影しました。この蜘蛛はのこのこと外出するような蜘蛛ではないようで、探さなければ見つからない種類のような気がします。


0804298
この蜘蛛の最大の特徴は、な〜んと眼が6つであること。蜘蛛の眼は8つというのが一般の常識ですが、この蜘蛛は違います。まさに常識破りの蜘蛛。とくとご覧あれ! とてもスッキリとした顔立ちに見えませんか。

さて、今回は少々長くなりました。

(いや、十分長い!)

つづきは次回にしたいと思います。


●ミヤグモ/Aradna lateralis
エンマグモ科ミヤグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.4.25/ひたちなか市・旧勝田市)


*5月1日/修正の追記
虎塚古墳は「壁画古墳として日本で初めて発見・調査された」のではなく、古墳内部にある石室の科学調査が日本で初めて実施された古墳でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

印象に残る蜘蛛6…ミヤグモ

0801141
昨年の1月に見つけた蜘蛛、ミヤグモです。通常蜘蛛の眼は八つですが、この蜘蛛は六つしかありません。たまたま木の皮を裏返したところにいました。簡単に見つかったので珍しい蜘蛛とは思いませんでしたが、その後は一度しか見ていません。


0801142
腹部の裏はご覧の通りです。


0801143
この写真のような袋をつくって、なかでじっとしていました。もしかしたら越冬中だったのかもしれません。


●ミヤグモ/Ariadna lateralis
エンマグモ科ミヤグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.1.27/笠間市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

眼が6つの蜘蛛、ミヤグモ発見!

先日、新しいカメラを手に入れました。新しいとは言っても中古です。気軽に携帯できるカメラがほしいと思い、友人に頼んでコンパクトデジカメをオークションで落札してもらいました。その受け渡しの日にカメラの試写会をしました。でも小雨がぱらついていて、雑木林のなかはとても暗かったです。


07110501
出かけたのは隣町、小美玉市(旧小川町)にある公園「やすらぎの里」です。さっそく蜘蛛の住居らしいものを発見しました。スギかヒノキか忘れましたが、幹の隙間に糸が張り付いています。樹皮上には“受信糸”と呼ばれるものが放射状に張り出しています。小さな虫などがこの糸にふれると、蜘蛛が穴のなかからササッと出てきて獲物を捕らえます。


0711050207110503
ピンセットを使って家の主を取り出してみると、なんとエンマグモ科のミヤグモでした。冬に一度見たきりなので二度目の対面です。一般的に蜘蛛は8眼ですが、エンマグモの仲間は6眼らしいです。当然このミヤグモも6眼です。普段はほとんど見かけない蜘蛛なので、ちょっと感動しました。

(今回使用したカメラはソニーのサイバーショットです)

●ミヤグモ/Ariadna lateralis
エンマグモ科ミヤグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.11.1/小美玉市・旧小川町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)