エビグモ科

2012年7月 3日 (火)

駆け巡るエビグモ

1207031

先月(6月)から樹皮上を走り回るエビグモをよく見かけます。


茨城県南部でよく見るエビグモの代表格はキハダエビグモとアサヒエビグモです。この二種のうち樹皮上で見かける機会が多いのは圧倒的にキハダエビグモ。アサヒエビグモは樹木よりも草の上で見かけることの方が多いです(私の場合)。


写真の蜘蛛はキハダエビグモです。樹皮上では、この個体以外にも3匹ぐらい走り回っていました。その様子はまるで蜘蛛の運動会というか、リレーというか…もう、「蜘蛛祭り」っていう感じでした。

1207032

こちらは、そのキハダエビグモのオスです。体全体が黒く、腹部の上の方に白い模様があり、腹部の最下部の縁が白くなっています。


キハダエビグモの走りは、目にもとまらぬ脚の動きで幹の裏側に瞬間移動すると言いたくなるくらい素早いです。姿は海に棲む蟹に似ているのに、なぜこれほど敏捷なのでしょう。


節足動物のなかには驚異的な運動能力を身に付けたものがいますけど、エビグモは蜘蛛グループのなかでもかなりの俊足なのではないでしょうか。地上戦においては、キシダグモやコモリグモの仲間に負けてしまうでしょうけど、樹皮上においてはきっと一番だと思います。


馬鹿げた提案ですけど、エビグモの脚の動きをコンピュータで解析したら、きっと何かに応用できるのではないでしょうか。


あ、ホントに馬鹿げた妄想でした…


●キハダエビグモ/Philodromus spinitarsis
エビグモ科エビグモ属


(撮影:2012.7.1/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

細身のシャコグモ

1207021

たぶんシャコグモだと思いますが、毛深くて細身です。触肢がふくらみかけていたので、ひょっとするとオスの亜成体なのかもしれません。普段見ているシャコグモのメスとは明らかにようすが違いました。


この仲間にはスジシャコグモという種類もいるのですが、図鑑には「本州では主に標高800メートル以上の山地に生息」とありますから、やっぱりシャコグモなのだと思います。

1207022

こちらは別の個体ですが、コシロカネグモを餌食にしています。蜘蛛が蜘蛛を食べるというのは珍しいことではないのですが、シャコグモが蜘蛛を捕食しているのは初めて見ました。


でも、網を張るコシロカネグモをどうやって捕食したのでしょう? まさか、網に侵入して捕まえたのでしょうか。この点がとても不思議です。現場を押さえられればよかったのですが…

●シャコグモ/Tibellus japonicus
エビグモ科シャコグモ属


(撮影:2012.7.1/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

シャコグモの衣替え

1107161

糸にぶら下がりながら脱皮する蜘蛛の姿をたまに見かけることがあります。


こちらはエビグモ科のシャコグモの脱皮姿です。写真に撮った以外にも、周囲では複数のシャコグモが脱皮していました。


シャコグモは集団脱皮をする性質でもあるのでしょうか?


1107162

茨城県南部で見かけるエビグモ科の蜘蛛と言うと、アサヒエビグモ、キハダエビグモ、キンイロエビグモ、ヤドカリグモ、そして写真のシャコグモが多いです。樹皮上で見かけることが多いのがキハダエビグモです。草地の葉上で見かけることが多いのがヤドカリグモ、シャコグモ、キンイロエビグモなど。アサヒエビグモは草地と樹皮上のどちらでも見かけます。


記憶をたどってみると、シャコグモを樹皮上で見かけた経験はないような気がします。シャコグモっているところにはいるのですが、いないところにはまったくいないという印象があります。


腹部中央に色の濃い帯があって、末端近くに一対の点があるのが特徴でしょうか(よく見ると腹部の上の方にも小さな一対の点があります)。


体と脚の長さの比率を比較すると、脚の長いエビグモの仲間のなかでは短足の部類に入るような気がします。


●シャコグモ/Tibellus japonicus
エビグモ科シャコグモ属


(撮影:2011.6.12/土浦市)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

草の陰にエビグモあり

1006221
エビグモ科の蜘蛛の幼体です。たぶんアサヒエビグモだと思います。

茨城県南部の雑木林を歩いていて最もよく見るエビグモが、アサヒエビグモ、キンイロエビグモ、キハダエビグモです。この三種に続くのがワカバグモ、シャコグモでしょうか。

草の上でよく目にするのが、このアサヒエビグモとキンイロエビグモです。一方のキハダエビグモは木肌(キハダ)の名前の通り、樹皮上で目にすることがほとんどです。ということは、アサヒエビグモ(キンイロエビグモ含む)とキハダエビグモは、明らかに餌としているものが違うことが想像できます(餌を捕らえているところをあまり目撃したことがないので断言はできませんけど…)。

今後は捕食の対象についても注意しながら見ていきたいと思っています。

「どうせすぐ忘れちゃうんでしょ?」

はい。おっしゃる通りかも知れません…


●アサヒエビグモ/Philodromus subaureolus
エビグモ科エビグモ属

撮影:2010.6.9/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

エビのかくれんぼ

1004241
クイズのようで恐縮ですが、この画像に蜘蛛が隠れています。見つけられたら、あなたは鳥並みに目がいいと言えるのではないでしょうか?


1004242
答はこちら。エビグモの幼体が隠れていました。見事な保護色と言っていいでしょう。エビグモは見かけによらず、とても俊敏な動きをする蜘蛛です。樹皮上オリンピックを開催したら、短距離で金メダルを獲得するのは間違いないと思います。もし見つけたら、軽く指先で触れてみてください。コミカルな動きとスピードのギャップに驚くこと請け合いです。

たぶんアサヒエビグモかキンイロエビグモ、どちらかの幼体だと思います。


撮影:2010.4.14/土浦市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月31日 (月)

茶色い毛むくじゃらの蜘蛛

0908311
ヤドカリグモは何度も見たことがありますが、ヤマトヤドカリグモは見たことがありませんでした。初めて会えたので、かなりうれしいです。

体長6〜7ミリの小さな蜘蛛です。ヤドカリグモが灰色なのに対し、ヤマトヤドカリグモはご覧のように赤茶色です。生息する環境にも違いがありそうな気がします。自分の経験からすると、ヤドカリグモは地表部で見つけることがほとんどでした。刈り込まれた芝生や雑草がまばらに生えている平地です。今回のヤマトヤドカリグモを見つけたのは、山の麓の草が茂った場所。地表部ではなく、草の先端部分にいました。


●ヤマトヤドカリグモ/Thanatus nipponicus
エビグモ科ヤドカリグモ属

撮影:2009.8.27/桜川市・旧岩瀬町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

蜘蛛の母性本能

0908201
そんなものさえ感じさせるキハダエビグモのメスの姿勢。がっちりと卵のうをガードしています。

ごく普通に見られる蜘蛛なのですが、見事な保護色のため気づかない人が多いと思います。茨城県南部と言わず、全域に生息しているのではないでしょうか。それくらい一般的な種です。


●キハダエビグモ/Philodromus spinitarsis
エビグモ科エビグモ属

撮影:2009.7.6/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

キンイロあるいはアサヒ

0907071
エビグモ科の蜘蛛に間違いないでしょう。茨城県南部ではキンイロエビグモやアサヒエビグモが多く見られます。なかでも一番よく目にするのはキハダエビグモだと思います。

写真の蜘蛛はキハダエビグモではなさそうです。ならば、キンイロエビグモかアサヒエビグモでしょう。さて、どちらでしょうか? なんとなくアサヒエビグモのような気もするのですが、幼体なので断言できません。


撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

スパイダーマンのモデル?

0906091
キハダエビグモです。エビグモ科の蜘蛛はとにかく動きが速いです。きっと、蜘蛛に興味のない方が見たら、その動きは蜘蛛のものとは思わないでしょう。たぶん、別種の生きものだと勘違いすると思います。


0906092
小刻みに脚を動かし、目にもとまらぬ早さで樹皮上を駆け上っていきます。上下だけでなく左右にも機敏に動くので、まるで忍者のようです。

そんな動作を見て思い出すのが、映画のスパイダーマンが高層ビルの壁を駆け上がっていくシーンです。ひょっとして、スパイダーマンはエビグモ科の蜘蛛をモデルにしているのではないかと思ってしまいます。


●キハダエビグモ/Philodromus spinitarsis
エビグモ科エビグモ属

撮影:2009.5.30/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

エビグモ科の蜘蛛?

0905081
幼体なので何グモなのかわかりません。たぶんエビグモ科の蜘蛛ではないでしょうか?

茨城県南部に多いエビグモといえば…アサヒエビグモ、キハダエビグモ、キンイロエビグモです。それと、数はあまり多くありませんがシャコグモもいます。さぁ、どれでしょう?


撮影:2009.5.1/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

*5月9日追記
クモ画像掲示板でお世話になっている“きどばん”さんから、イオウイロハシリグモの幼体であることを教えていただきました。ありがとうございます。

長年の疑問が、まるで霞が晴れるように消えていきました。ちょっと気分がいいです。

ちなみに、クモ画像掲示板は下記の通りです。何かわからない蜘蛛がいたら、こちらに投稿するといろいろな方がヒントをくれたり、ズバリ回答してくれたりします。

http://xbbs.knacks.biz/kjrshoji

| | コメント (4) | トラックバック (0)