コガネグモ科

2013年7月16日 (火)

八本脚のデザイナーたち

1307161
ホラー的な世界を表現する際に描かれることが多い蜘蛛の円網。ときには邪悪なイメージで、またあるときは悪魔的な世界を演出する際にも用いられますよね〜


すごく残念です。


蜘蛛に興味のなかったときは私も上記のイメージがありました。それはまさに先入観というか刻印付けされたものではないでしょうか。


それに気がついたのが数年前。別の視点で見ると、円網が芸術作品のようにも見えることに気づきました。


種類によって網の形は多種多様で、二次元的なものもあれば奥行きのある三次元のものまであります。


行き当たりばったりで作っているとは思えない、その幾何学的な模様が美しく思えてきたわけです。


1307162
さて、写真はナガコガネグモの網です。2匹はほんの数センチしか離れていないのに違ったデザインの網を作っています。


正確に言うと、網の中央部分にデザインされた隠れ帯と呼ばれる模様に違いがあります。


1307163
一説によると蜘蛛の空腹状態で模様に違いが出るということですが、正確なことはわかりません。また、紫外線の反射を考えて模様を変えているという説もあったように記憶していますが、こちらも定かなことはわかりません。


「蜘蛛の網を見ていると意外とおもしろいな〜」と思う私です。

●ナガコガネグモ/Argiope bruennichii
コガネグモ科コガネグモ属

(撮影:2013.07.15/栃木県さくら市)


※このナガコガネグモは草の先で体を軽く触れるなどして刺激を与えると、全身を使って網全体をブルブルと揺らします。

これって威嚇行動なのか、防御行動なのかよくわかりませんが、おもしろいのでよくやっています。

蜘蛛にとってはかなりエネルギーを消耗するような運動のような気がしますけど…おもしろいのでついつい…


ちなみに、ほかのコガネグモの仲間たちの多くは触れただけで網から落下するものがほとんどです。それを考えるとこのナガコガネグモはかなり強気な蜘蛛なのかもしれませんね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

蜘蛛のハンモック

1307151
夏の昼下がり、大型の蜘蛛たちは直射日光を避けてどこかに身を潜めていることが多いです。


今日見つけたのは、サクラの木の幹からぴょこんと生えた一枚の葉をハンモック代わりにしているオニグモでした。


1307152
行儀よく脚を折り畳んだ姿は、正しい静止姿勢と言えそうな態勢。何かあったらすぐに地面に飛び降りることができそうです。

(撮影:2013.07.15/栃木県さくら市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

真冬の蜘蛛探し5

1301051
樹木プレート裏の蜘蛛、その5回目はオニグモです。


う〜ん、オニグモも越冬するんですね〜。その現場を初めて自分の目で確かめました。けっこう大型の蜘蛛ですから代謝量が大きいので、越冬が難しそうな気がしますけど大丈夫なんですね。


きっと越冬前にはたらふく食べて準備をするのでしょう。


●オニグモ/Araneus ventricosus
コガネグモ科オニグモ属

(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

どなたでしたっけ? コガタコガネグモそれとも…

1206181
蜘蛛の観察から遠ざかって2年くらい経っているでしょうか? すっかり蜘蛛に関することを忘れている自分。


写真の蜘蛛が何グモか思い出せずにいます。


「確かによく見かけた蜘蛛なんだけどな〜」


「カニグモのオスだっけ?」


「よく見ると目の配列がちょっと違うな〜」


しばらくして、コガネグモのオスではないかと思いつきました。


しか〜し、コガタコガネグモなのかコガネグモなのか判断がつきません。


さて、どっちのオスなのでしょうか?


(撮影:2012.5.20/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

尾瀬の赤鬼

1108091

尾瀬ケ原にはアカオニグモがいっぱいいることを知りました。


いつも群馬県側の鳩待峠から山の鼻、牛首分岐、竜宮まで行って戻って来ますが、今回はその先の沼尻川を越えて福島県に入り、見晴分岐から三条の滝方面を歩いてみました。

1108092

ちょうど見晴十字路を越えたあたりから、怪しげな蜘蛛の網を多数見かけました。その網の主は、なんと憧れのアカオニグモだったのであります。

1108093

こんな風にアブラガヤの穂の先に、住居を構えているわけです。たぶん、日中はここに潜んでいて夕方から活動を開始するのだろうと思います。


こんな住居を作って潜んでいるところなど、まるでナカムラオニグモそっくりです。じつは、この見晴十字路付近に到達するまでにも同じような蜘蛛の住居がありました。もちろん家主をチェック。その住人はナカムラオニグモでした。

1108094

ところが見晴十字路を過ぎてからというと、すべてアカオニグモ。まるでアカオニグモの縄張りという感じでした。無数のアカオニグモが網を張っているのですから、それなりの獲物がこのあたりを飛行しているのでしょう。


多数のアカオニグモがいた場所は背後にちょっとした林があるほか、葦のような植物やアブラガヤ、背の低い樹木が湿原内に生えているという特徴があります。ちょうど地表から70〜150センチくらいの場所に網を張るには最適な環境と言えそうです。きっと彼らの獲物はこの高度を飛行する昆虫たちなのかもしれません。

1108095

翌朝も探しに出かけてみると、露に濡れた網が各所にあるだけで主は宿に引っ込んでいました。きっと昨晩の雨で獲物が移動しなかったのでしょう。また、朝露に濡れた網には獲物がくっつきにくいのかも…

1108096

撮影対象不在の絵にならない網では寂しいので、住居から無理やり主を引っぱってきました。朝露に濡れた網の中央に占座するアカオニグモ。まるでやらせ写真ですね。


まだしっかりと色がついていないので赤鬼蜘蛛という風貌ではありませんが、十分見応えがありました。今回はアカオニグモが見られただけで満足です。


●アカオニグモ/Araneus pinguis
コガネグモ科オニグモ属


(撮影:2010.8.7〜8/福島県檜枝岐村)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

ここは樺太か?

1008141
円形の網を地面と垂直に張った蜘蛛がいます。このような網の形を正常円網というらしいです。この網の主はコガネグモ科の蜘蛛のようです。体長は7〜8ミリで、見た目には小さい蜘蛛です。

見つけた場所は長野県の八千穂高原自然園です。茨城県南部だと、この蜘蛛によく似た印象のサガオニグモという蜘蛛が山の方にたくさんいます。でも、この蜘蛛はサガオニグモではありませんね〜

では何グモなのか? たぶんカラフトオニグモではないかと思います。茨城県南部にもいないことはないのですが、圧倒的にサガオニグモの方が数は多いと感じます。


1008142
写真のカラフトオニグモは「樺太」と名前がついていますがなぜなんでしょう。昔から不思議に思っていました。北方性の蜘蛛なのでしょうか。図鑑の生息分布図を見てみると、山地平地を問わず本州全域に生息する蜘蛛であることがわかります。とくに寒い場所を好むわけではないようです。

蜘蛛に限らず植物や昆虫でも、最初の発見地が和名の一部につくことがあるようです。なので、この蜘蛛もきっと最初の発見地が樺太だったのではないかと勝手に想像している自分です。

蜘蛛を観察し始めた頃、図鑑の写真と絵合わせしながら蜘蛛の名前を判断していました。そのとき、この蜘蛛にはカラフトの名がついていたので、茨城にいるはずがないと先入観を持ってしまいました。私にとって初心者の頃を思い出させる蜘蛛の一種です。

後々、生息分布図を確認して茨城にもいることを知り、ちょっとビックリした記憶があります。

●カラフトオニグモ/Eriophora sachalinensis
コガネグモ科カタハリオニグモ属


撮影:2010.7.20/長野県佐久穂町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

脚の色が違う黄色い蜘蛛

1008131
コガネグモ科の蜘蛛(オス)ですが種名がわかりません。図鑑に載っているもののなかではムツボシオニグモが一番近いような気がします。

頭胸部の両端にある黒い条線はムツボシオニグモにそっくりですけど、腹部の模様が違うのが気になるところです。ムツボシオニグモはオスもメスも腹部の末端に黒い点が六つ並んでいます。

蜘蛛の模様には個体差や地域ごとの変異が認められることがあるので、この点をどうとらえるかということでしょうか。(ふ〜む、やっぱり種名は特定できないですね)

この個体は脚の色がへんです。左側の第一脚と右の第二脚の腿節が黒いです。なぜでしょう? 一度取れてしまって再生した脚は黒くなるなんてこともあるのかしら? ちなみにこの蜘蛛は脚が六本しかありません。右の第四節、左の第三節は取れてしまったようです。

見つけたのは長野県の八千穂高原自然園のなかです。撮影は7月下旬になります。体長は5ミリ前後でした。


撮影:2010.7.20/長野県佐久穂町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

赤鬼はまだ赤くならない? 

1008081
以前報告した尾瀬ケ原のアカオニグモらしき蜘蛛を再び確認してきました。


1008082
前回見たのが7月25日。今回確認したのが8月4日。ちょうど10日経過しています。少し太ったような気がしますが、色はほとんど変わっていません。まだ亜成体のままなのでしょうか?


1008083
そう言えば、前回はオスがすぐ近くにいたのですが今回は見当たりませんでした。すでに交接を済ませたということかもしれません。しかし、色の変化から推測するとメスは亜成体の状態です。亜成体でも交接は可能なのでしょうか? 疑問が残るところです。


●アカオニグモ/Araneus pinguis
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2010.8.4/群馬県片品村
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

幻のアカオニグモか?

1007285
前回に続いて尾瀬ケ原からの報告です。


1007281
尾瀬ケ原で黄色い小さな蜘蛛を見つけました。体長は5〜6ミリです。ムツボシオニグモではなさそうなので、何か別種の幼体だと思います。


1007282
別の場所で同じように黄色い蜘蛛を見つけました。こちらは10ミリ近い体長です。きっと最初の写真は、この蜘蛛の幼体なのだろうと思ったのですが…。同じ種ならこんなに体格差があるのだろうかという疑問も残ります。なので、この件については同一種と断言するのはやめておくことにします。(だったら載せるな! おっしゃる通りです)


1007283
蜘蛛はコバイケイソウの葉に網を張っていました。木道から5〜6メートル離れた場所だったので最大望遠での撮影です。コンデジなので写りがかなり悪いです。

右に写っている個体は体型から推測するとオスのような雰囲気です。左は何となくメスのような気がします。さて、なにグモでしょう。ひょっとしてアカオニグモ?

今年の5月から、5回ほど尾瀬に出かけています。行くたびに「アカオニグモいないかなぁ」と探していました。そんなこともあり、この蜘蛛を見つけたとき「ついにアカオニグモとの対面か!」と心が躍りました。


1007284
アカオニグモは、オスは赤くなりませんが、メスは腹部が赤くなるはず。でも、この個体は体がまったく赤くありません。図鑑によれば、幼体のときは黄色で成体になって数日すると赤くなると書いてあります。ということは、このメスはまだ亜成体なので赤くないのかもしれません。

いい加減な推測で、自分の頭のなかではすでにこの蜘蛛はアカオニグモになってしまいました。間違っているかもしれませんが、この蜘蛛をアカオニグモとします。

右のオスは、亜成体である左のメスの近くに陣取って交接のチャンスをうかがっているようです。成体になる前に予約を入れておくせっかちなオスたちは、ほかの種でもよく見かけます。ジョロウグモなどは何匹ものオスたちがメスの周りを取り囲んでいることが多いです。

話がそれましたが、アカオニグモは個体数がきわめて少ないと図鑑に書いてありました。本州では1,000メートル以上の高原や湿原に生息するそうです。そんな希少種を見られたことは、今回の尾瀬ハイキングの最大の収穫です。ヤッター!


●アカオニグモ/Araneus pinguis
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2010.7.25/群馬県片品村
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

尾瀬の中村君

1007261
尾瀬ケ原でこんな蜘蛛に出会いました。これは中村君ことナカムラオニグモでしょう。

ナカムラオニグモと言えば、茨城県南部の田んぼやその周辺の草原にわんさかいる蜘蛛です。その蜘蛛が尾瀬ケ原にいるとは思ってもみませんでした。尾瀬ケ原と言えば標高1,400メートルくらいのところにある湿原です。どう考えても茨城県南部とは環境が違うはず。それでも生息しているのですから、ナカムラオニグモは想像以上に適応力のある蜘蛛のようです。


1007262
さらに別の場所でも見つけました。気にしながら歩いていると、ナカムラオニグモの特徴的な住居があちこちにあります。特徴的な住居とは、草の葉先をくるりと丸めて糸でくくった袋状の住まいのことです。


1007263
いったい何を食べているのでしょうか? 田んぼと尾瀬の共通点と言えば湿った環境ということ。きっとそういう場所に生息する昆虫たちを獲物にしているのだと思います。今後は蜘蛛だけでなく、網にかかった虫たちも注意して観察する必要がありそうです。


●ナカムラオニグモ/Larinioides cornutus
コガネグモ科ナカムラオニグモ属

撮影:2010.7.25/群馬県片品村
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧