« 2013年1月 | トップページ

2013年7月

2013年7月16日 (火)

八本脚のデザイナーたち

1307161
ホラー的な世界を表現する際に描かれることが多い蜘蛛の円網。ときには邪悪なイメージで、またあるときは悪魔的な世界を演出する際にも用いられますよね〜


すごく残念です。


蜘蛛に興味のなかったときは私も上記のイメージがありました。それはまさに先入観というか刻印付けされたものではないでしょうか。


それに気がついたのが数年前。別の視点で見ると、円網が芸術作品のようにも見えることに気づきました。


種類によって網の形は多種多様で、二次元的なものもあれば奥行きのある三次元のものまであります。


行き当たりばったりで作っているとは思えない、その幾何学的な模様が美しく思えてきたわけです。


1307162
さて、写真はナガコガネグモの網です。2匹はほんの数センチしか離れていないのに違ったデザインの網を作っています。


正確に言うと、網の中央部分にデザインされた隠れ帯と呼ばれる模様に違いがあります。


1307163
一説によると蜘蛛の空腹状態で模様に違いが出るということですが、正確なことはわかりません。また、紫外線の反射を考えて模様を変えているという説もあったように記憶していますが、こちらも定かなことはわかりません。


「蜘蛛の網を見ていると意外とおもしろいな〜」と思う私です。

●ナガコガネグモ/Argiope bruennichii
コガネグモ科コガネグモ属

(撮影:2013.07.15/栃木県さくら市)


※このナガコガネグモは草の先で体を軽く触れるなどして刺激を与えると、全身を使って網全体をブルブルと揺らします。

これって威嚇行動なのか、防御行動なのかよくわかりませんが、おもしろいのでよくやっています。

蜘蛛にとってはかなりエネルギーを消耗するような運動のような気がしますけど…おもしろいのでついつい…


ちなみに、ほかのコガネグモの仲間たちの多くは触れただけで網から落下するものがほとんどです。それを考えるとこのナガコガネグモはかなり強気な蜘蛛なのかもしれませんね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

蜘蛛のハンモック

1307151
夏の昼下がり、大型の蜘蛛たちは直射日光を避けてどこかに身を潜めていることが多いです。


今日見つけたのは、サクラの木の幹からぴょこんと生えた一枚の葉をハンモック代わりにしているオニグモでした。


1307152
行儀よく脚を折り畳んだ姿は、正しい静止姿勢と言えそうな態勢。何かあったらすぐに地面に飛び降りることができそうです。

(撮影:2013.07.15/栃木県さくら市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

霧ヶ峰のコモリグモ

1307071
長野県茅野市、諏訪市、下諏訪町、長和町にまたがる霧ヶ峰高原。そこに蝶々深山と呼ばれる1836mの山があります。


1307072
蝶々深山の岩場で見つけたのが写真のコモリグモ。チリコモリグモかなと思いましたが、確信が持てません。

結局、種がわからない不明グモになってしまいました。

以前、尾瀬ケ原でチリコモリグモを見ました。今回見つけたものは尾瀬で見たものとは体格がだいぶ違います。尾瀬で見たものは体長が10ミリくらいありましたが、今回のものは7ミリ程度。


もしかすると成体になっていない個体なのかもしれません。

(撮影:2013.07.02/長野県・霧ヶ峰)


1107123
尾瀬で見たチリコモリグモの写真です。

Alpecosa pulverulenta
コモリグモ科スジコモリグモ属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ