« 蜘蛛がいるべきふさわしい場所 | トップページ | 尾瀬の赤鬼 »

2011年7月25日 (月)

庇を貸して母屋を取られる/オナガグモとイソウロウグモの仁義なき闘い

1107251

オナガグモは変に胴体の長い蜘蛛です。こんなに不格好な蜘蛛は他にいないんじゃないでしょうか。蜘蛛に詳しくない人が見たら、蜘蛛とは思わないかもしれません。


この姿から想像すると、とてもヒメグモの仲間とは思えませんけど、卵のうの色や質感は確かにヒメグモが作るものと似ているかも…。細長い壺を逆さにしたような卵のうは一度見たら記憶に残る形だと思います。


1107252

この細長い逆さ壺からはおびただしい数の子蜘蛛が出てきます。親蜘蛛は母性が強いのか、卵のうの近くに陣取って子蜘蛛たちをやさしく見守っていることが多いです。

1107253

そんな心温まる誕生ストーリーをぶちこわすのが、この獰猛な蜘蛛たち。イソウロウグモの仲間と思われる蜘蛛です。たぶんフタオイソウロウグモだと推測します。


もともとイソウロウグモの仲間はほかの蜘蛛の網にちゃっかり居座って、主の食べなかった小さな獲物などのおこぼれを頂戴していますが、ときには徒党を組んで主を餌にしてしまうこともあります。お〜、なんと恩知らずの蜘蛛なんでしょう。現代風に表現すれば知恵者とも言えますかね〜


ま〜、もともとオナガグモだって蜘蛛の網とは思えない数本の糸を張って、そこを辿ってきた同類(蜘蛛)を餌食にしているのですから、罪深さの点では同じレベルかもしれませんね。


ただし、本件の痛ましいところはフタオイソウロウグモが卵のうから出てきたばかりのオナガグモの子どもたちを襲ったことです。頭がいいと言うか見境がないというか…


同類なのにね〜、蜘蛛の世界の掟はなかなか厳しいものがあるようです。


*この写真は昨年撮影したものです。


●オナガグモ/Ariamnes cylindrogaster
ヒメグモ科オナガグモ属

●フタオイソウロウグモ/Neospintharus fur
ヒメグモ科フタオイソウロウグモ属


(撮影:2010.7.14/かすみがうら市・旧千代田町)

|

« 蜘蛛がいるべきふさわしい場所 | トップページ | 尾瀬の赤鬼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/40945367

この記事へのトラックバック一覧です: 庇を貸して母屋を取られる/オナガグモとイソウロウグモの仁義なき闘い:

« 蜘蛛がいるべきふさわしい場所 | トップページ | 尾瀬の赤鬼 »