« 赤鬼はまだ赤くならない?  | トップページ | ここは樺太か? »

2010年8月13日 (金)

脚の色が違う黄色い蜘蛛

1008131
コガネグモ科の蜘蛛(オス)ですが種名がわかりません。図鑑に載っているもののなかではムツボシオニグモが一番近いような気がします。

頭胸部の両端にある黒い条線はムツボシオニグモにそっくりですけど、腹部の模様が違うのが気になるところです。ムツボシオニグモはオスもメスも腹部の末端に黒い点が六つ並んでいます。

蜘蛛の模様には個体差や地域ごとの変異が認められることがあるので、この点をどうとらえるかということでしょうか。(ふ〜む、やっぱり種名は特定できないですね)

この個体は脚の色がへんです。左側の第一脚と右の第二脚の腿節が黒いです。なぜでしょう? 一度取れてしまって再生した脚は黒くなるなんてこともあるのかしら? ちなみにこの蜘蛛は脚が六本しかありません。右の第四節、左の第三節は取れてしまったようです。

見つけたのは長野県の八千穂高原自然園のなかです。撮影は7月下旬になります。体長は5ミリ前後でした。


撮影:2010.7.20/長野県佐久穂町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 赤鬼はまだ赤くならない?  | トップページ | ここは樺太か? »

コメント

こんばんは

トガリハナオニグモ♂はどんな姿なんでしょうかネ.
私が持っている図鑑には載ってないし,検索しても捜し出せません.

投稿: vittata | 2010年8月13日 (金) 21時53分

vittataさん、こんにちは。

私の持っている図鑑にも載っていません(たぶん同じ図鑑でしょうね)。

トガリハナオニグモのオスは第二歩脚が黒くならないといういう情報がネット上にありました。ということは…トガリハナオニグモではなさそうです。

第二歩脚(腿節・膝節)が黒くなるのはムツボシオニグモのようです。ということは…ムツボシの方が可能性が高そうですね〜

投稿: ささがに | 2010年8月14日 (土) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/36142385

この記事へのトラックバック一覧です: 脚の色が違う黄色い蜘蛛:

« 赤鬼はまだ赤くならない?  | トップページ | ここは樺太か? »