« ヤハズのようでヤハズでない。不思議なハエトリ | トップページ | やばいマーク…ウズグモのいたずら »

2010年7月15日 (木)

獲物は自分の10倍

1007151
オオヒメグモが巨大な毛虫を捕らえていました。たぶん大型の蛾類の幼虫だと思います。それにしても大きな獲物です。大きさからすると、オオヒメグモの10倍以上、いや20倍近くあるのではないでしょうか。

これを吊り上げるのだから、蜘蛛の糸の強靭さには驚かされるばかりです。この糸を人間世界で実用化できたなら、ものすごいものが作れるのではないでしょうか。


1007152
このお母さん蜘蛛、やけに頼もしいと思ったら近くに子蜘蛛たちがいました。「母は強し」を地でいく肝っ玉母さんです。

●オオヒメグモ/Achaearanea tepidariorum
ヒメグモ科ヒメグモ属

撮影:2010.6.25/常陸太田市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』


|

« ヤハズのようでヤハズでない。不思議なハエトリ | トップページ | やばいマーク…ウズグモのいたずら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/35766941

この記事へのトラックバック一覧です: 獲物は自分の10倍:

« ヤハズのようでヤハズでない。不思議なハエトリ | トップページ | やばいマーク…ウズグモのいたずら »