« 白い脚のスプリンター | トップページ | 山にはハンモックがいっぱい »

2010年6月30日 (水)

食べ物で体色が変わる蜘蛛

1006301
リュックに蜘蛛がついていました。緑色のきれいな蜘蛛です。姿からするとヒメグモ科の蜘蛛らしい雰囲気。はてさて、こんな色の蜘蛛いったけかなぁ?

図鑑で調べるも見つかりません。ヒメグモじゃないのかなぁ…


10063021006303
そういえば、ホシミドリヒメグモのように食べたもの(餌となった昆虫の種類)で体の色が変わる蜘蛛がいることを思い出しました。ひょっとすると、写真の蜘蛛は本来違う色の蜘蛛なのかもしれません。なので、体色を無視して図鑑を再検索。


1006304
どうやらタカユヒメグモのような気がしてきました。図鑑に載っている写真はオレンジ色に白の模様です。腹部後方には黒い斑点が4つあります。色は違いますが、模様や斑紋は合致。たぶん、そうではないかと勝手な思い込み…

「えーい、タカユヒメグモにしちゃえ!」

今回報告した蜘蛛は栃木県日光市で撮ったものです。クリンソウで有名な千手ケ浜を歩いていたときにリュックにくっついたようです。それにしてもきれいな緑色です。よく見かけるウロコアシナガグモの緑とは違います。ちょっと深めで濃い緑。草餅を思い出してしまいました。

タカユヒメグモは初めて見る蜘蛛です。茨城県南部には生息していません。図鑑によれば、本州では標高600メートル以上の山地に生息する蜘蛛だそうです。出かけた先で蜘蛛探しをするのはなかなか楽しいです。普段見られない蜘蛛が見られますから…


●タカユヒメグモ/Takayus takayensis
ヒメグモ科タカユヒメグモ属

撮影:2010.6.29/栃木県日光市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 白い脚のスプリンター | トップページ | 山にはハンモックがいっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/35589163

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物で体色が変わる蜘蛛:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/07/01 08:49) [ケノーベル エージェント]
日光市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 08時49分

« 白い脚のスプリンター | トップページ | 山にはハンモックがいっぱい »