« 番号16、サルファー君 | トップページ | ヴェールに包まれた蜘蛛 »

2010年6月14日 (月)

メロンパンのかけら

1006141
メロンパンのような蜘蛛と言えば、サツマノミダマシとワキグロサツマノミダマシです。両者は腹部側面の色で見分けることができます。側面の半分より下が黒褐色あるいは濃い茶色だったらワキグロサツマノミダマシ。


1006142
でも、こんな体長2〜3ミリの小さな幼体のときは見分けられるのでしょうか? じっと覗き込んでみたのですがよくわかりませんでした。とにかく両者いずれかの幼体であることは間違いありません。


撮影:2010.6.9/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 番号16、サルファー君 | トップページ | ヴェールに包まれた蜘蛛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/35261204

この記事へのトラックバック一覧です: メロンパンのかけら:

« 番号16、サルファー君 | トップページ | ヴェールに包まれた蜘蛛 »