« 尾瀬の蜘蛛 | トップページ | 尾瀬の蜘蛛 再びコモリグモ »

2010年6月 3日 (木)

尾瀬の蜘蛛 アシナガグモ編

1006031
前回、尾瀬のコモリグモを報告しました。今回はアシナガグモです。

プラスチックケースに入れたままの撮影なので、わかりにくいかもしれませんが、とてもきれいなアシナガグモでした。腹部表面に薄い赤紫(薄い茶色にも見える)の帯があり、その中央に黄色い線が入っています。

少なくとも茨城県南部では一度も見たことがない蜘蛛です。図鑑で調べてみましたが、同じ模様のアシナガグモはいませんでした。きっと図鑑に掲載されていない種なのだと思います。

とにかく、尾瀬には平地で見ることのできない蜘蛛が多いようです。

今回写真には撮りませんでしたが、ウズグモの仲間が数多くいました。通常だと網に渦巻き状の隠れ帯を造っている場合がほとんどですが、私が確認した数匹のウズグモは隠れ帯を造っていませんでした。


撮影:2010.5.29/群馬県片品村・尾瀬
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 尾瀬の蜘蛛 | トップページ | 尾瀬の蜘蛛 再びコモリグモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/35039737

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬の蜘蛛 アシナガグモ編:

« 尾瀬の蜘蛛 | トップページ | 尾瀬の蜘蛛 再びコモリグモ »