« 模様が数パターンあります | トップページ | 君も“針毛”じゃないか! »

2010年5月 7日 (金)

快適ごみ屋敷

1005071
ゴミグモはごみと暮らす蜘蛛です。網の中央部には、餌となった虫の残骸や自ら出した糸屑、脱皮殻などが一直線に並んでいます。産卵の季節になると、メスの網には卵の詰まった卵のうまでぶら下がります。

このごみの装飾は、外敵に見つからないためのカムフラージュなのでしょうか? それとも虫をかかりやすくするための工夫なのでしょうか?

いったいどこにいるのかわかりませんが、よ〜く見ると中央部に姿が確認できます。それにしても見事な擬態です。ごみなのか蜘蛛なのかわかりませんね。


1005072
こちらはヨツデゴミグモです。体長4〜5ミリの小さな蜘蛛です。ゴミグモが10ミリを超えるので、こちらのヨツデゴミグモは半分以下の大きさです。

●ゴミグモ/Cyclosa octotuberculata
コガネグモ科ゴミグモ属

●ヨツデゴミグモ/Cyclosa sedeculata
コガネグモ科ゴミグモ属

撮影:2010.5.1/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 模様が数パターンあります | トップページ | 君も“針毛”じゃないか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/34578227

この記事へのトラックバック一覧です: 快適ごみ屋敷:

« 模様が数パターンあります | トップページ | 君も“針毛”じゃないか! »