« 君も“針毛”じゃないか! | トップページ | アイ・アム・ア・スイマー »

2010年5月12日 (水)

闘いは避けて通れない?

1005121
緑色のきれいな蜘蛛が仲睦まじく…

交接? と思いきや、よく確認すると両者には膨らんだ触肢があります。片方は完全なオスになる前の亜成体のような雰囲気です。ということは、オス同士の熱き闘いの一幕ということです。せっかく交接のシーンが撮れると思っていたのに…まぁ、闘いのシーンも貴重だし、良しとしましょう。


1005122
近くにメスがいるような雰囲気ではありませんでしたが、オス同士が出会ってしまった以上、闘いは避けて通れないのでしょうか? 何も今闘わなくてもいいような気がしますけど、蜘蛛には蜘蛛の仁義があるのかもしれません。


1005123
緑色をしたアシナガグモにはミドリアシナガグモ、ウロコアシナガグモ、エゾアシナガグモなどがいます。ミドリアシナガグモは本州においては山地性の蜘蛛のようです。したがって写真の蜘蛛はウロコアシナガグモ、あるいはエゾアシナガグモでしょう。両者はとてもよく似ているので見分けるのが難しいです。

茨城県南ではウロコアシナガグモの方がよく目にします。全体の雰囲気からしても、写真の蜘蛛はウロコアシナガグモのような気がします。まったくいい加減な識別方法ですが、この蜘蛛はウロコアシナガグモということにしちゃいます。


●ウロコアシナガグモ/Tetragnatha squamata
アシナガグモ科アシナガグモ属


撮影:2010.5.2/土浦市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 君も“針毛”じゃないか! | トップページ | アイ・アム・ア・スイマー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/34655866

この記事へのトラックバック一覧です: 闘いは避けて通れない?:

« 君も“針毛”じゃないか! | トップページ | アイ・アム・ア・スイマー »