« 朽ち木の小さな住人 | トップページ | 山を駆けるアズマキシダグモ »

2010年3月16日 (火)

鉄板の上のニューロン

1003161
脳細胞はとても不思議なものです。高校の生物の教科書に、一つ目の宇宙人のような神経細胞の図が出ていたのを記憶しています。確かニューロンという名称だったと思うのですが、木の枝のように繊維(樹状突起)を伸ばしてほかのニューロンに連携し情報を伝える。それは複雑怪奇な仕事をする変わった形の細胞でした。

あの樹状突起は何の秩序もなしに伸びているのでしょうか? あの形にはきっと深い理由があるはずです。合理的かつ美しい法則に導かれた結果なのではないでしょうか。

さて、鉄板の上にニューロンがあったので撮っておきました。正しくは樹状突起の部分だけです。そうです、この正体はヒラタグモの住居。この住居の形にもきっと深い理由と美しい法則があるはず…と思う私。住居は直径30ミリ近くある大きなものです。中に入っているヒラタグモもかなり大きいはずです。

住居は野ざらしの鉄板の上に造られています。ということは、この中で冬を越したということでしょうか? 撮影地は標高約700メートルの山の頂より少し下。冬はかなり寒いことでしょう。その寒さをしのぐということは、防風性や保温性にも優れている住居なのかも知れません。蜘蛛の糸、恐るべし!


1003162
では、制作者にご登場願いましょう。体長約10ミリのメスの成体です。この写真ではよくわかりませんが、ヒラタグモはとても愛嬌のある顔をしています。個人的にはかわいい蜘蛛だと思うのですが、ハエトリグモほどの人気はないようです(本当かよ!)。


●ヒラタグモ/Uroctea compactilis
ヒラタグモ科ヒラタグモ属

撮影:2010.3.12/加波山
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 朽ち木の小さな住人 | トップページ | 山を駆けるアズマキシダグモ »

コメント

近くの神社の待合室(?)にたくさんの白いニューロンがあります。
ずっと何かの繭だと思ってたのですが・・・羽化する気配もなくて。
白いのをめくるのが怖くてずーっと謎だったのですが、ヒラタグモだったのですねっっ
今度中身をみてみようと思います。

投稿: むいむいのお時間 | 2010年3月24日 (水) 20時16分

むいむいのお時間さん、こんばんは。ご無沙汰しております。

今度お出かけの際は、かわいいヒラタグモの顔を拝んでみてください。きっとファンになるはず…(そんなわけないですね)

ところで、ゴキちゃんはお元気ですか? 茨城にもオオゴキちゃんがいっぱいいる場所があるんですよ〜。あの子たちは今、どうしているのでしょう? ちょっと気になります。

投稿: ささがに | 2010年3月25日 (木) 19時51分

ヒラタグモの顔を見るのを楽しみにしております。
問題は・・・クモの巣が手の届くギリギリの場所にあることですね。

飼育しているオオゴキさんは一度全滅したと思い込んだのですが、その後朽木の奥に隠れていることが判明しました。
今日は3匹確認できました。
森林に住む日本産ゴキさんは何故か飼育が難しいです。

オオゴキさんがいっぱいいる場所があるなんて、環境がいいんですね。私も近くにそんな場所が欲しいです。
朽木が撤去されていなければ、オオゴキ一族は楽しく生活していることと思います。

投稿: むいむいのお時間 | 2010年3月28日 (日) 23時42分

むいむいのお時間さん、こんばんは。

ヒラタグモは顔だけじゃなくて背中の模様もかわいいです。その模様は地域ごとに微妙な変化があるように感じます。たぶん、関東と関西では明らかな違いがあるのではないでしょうか。

オオゴキちゃんの話ですが…
地元茨城で二か所ほど生息を確認しています。あのポテトチップスのような翅が何とも切ないですね〜。屋外生活(野生)のゴキちゃんは試練が多いからでしょうか、みんな翅がパリパリっとちぎれています。室内で見るゴキちゃんとはちがって、ゆったりとした動きが微笑ましいです。育ちがいいと言うか、おっとりしていると言うか…あの優雅さがオオゴキちゃんの魅力だと思います。

昨年はクヌギの大木の高いところをのんびり歩いているのを目撃しました。「おお〜っ、あんなところにオオクワガタが!」と興奮してしまいました。高さ7〜8メートル位の場所だったのですが、オオゴキちゃんはそんな高いところを歩くんですかね〜

投稿: ささがに | 2010年3月30日 (火) 18時23分

オオゴキは大きな木の洞にも住んでいると聞いたことがあります。
しかも、体重が重すぎてあのポテチみたいな翅では飛び上がれないため、飛びたいなぁと思ったら高いところまで登って翅を広げてモモンガみたいに滑空するそうですよ。

投稿: むいむいのお時間 | 2010年4月 1日 (木) 02時23分

なるほど、そうだったんですね。おもしろい情報をいただき、ありがとうございます。

ふむふむ、確かにあの大きさでは飛ぶのは難しいかも。モモンガみたいに飛ぶところを一度見てみたいものです。

しかし、私が見たオオゴキちゃんは、翅が根本のところくらいしか残っていない奴ばかりでした。きっと、飛ぶこともままならずストレスがたまってしまうのではないかと心配になります。

投稿: ささがに | 2010年4月 2日 (金) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/33801407

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄板の上のニューロン:

« 朽ち木の小さな住人 | トップページ | 山を駆けるアズマキシダグモ »