« 鉄板の上のニューロン | トップページ | 食べ物でへんし〜ん »

2010年3月21日 (日)

山を駆けるアズマキシダグモ

1003211
だいぶ暖かくなって、蜘蛛の季節到来って感じでしょうか。いいですね〜、わくわくします。足元を蜘蛛がササッと駆けて行くのを見ると、ついつい目で追ってしまいます。

先日山登りをしたとき、アズマキシダグモを何匹も見かけました。私の場合、この蜘蛛は山で見かけることが多いです。山といっても高いところではなく、麓から標高400〜500メートルくらいのところまでいるような気がします。ひょっとすると、600メートル以上にもいるかもしれません。なぜか、人家の近く、公園など平地ではあまり見かけません(ただし、雑木林でなら見たことがあります)。


1003212
この蜘蛛はいろいろな色彩変異があることで有名です。同じ種なのに、個体ごとにまったく模様が違っていたりします。その証拠に…こちらは同じアズマキシダグモ。上の写真とはかなり違う模様です。ほかにも何種類かの違った模様があるのですが、今回は二種類しか撮れませんでした。機会があったらいろんな模様が比較できる記事を載せたいと思います。


●アズマキシダグモ/Pisaura lama
キシダグモ科キシダグモ属

撮影:2010.3.19/土浦市・旧新治村
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 鉄板の上のニューロン | トップページ | 食べ物でへんし〜ん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/33872708

この記事へのトラックバック一覧です: 山を駆けるアズマキシダグモ:

« 鉄板の上のニューロン | トップページ | 食べ物でへんし〜ん »