« 催眠術師マルピッサ | トップページ | 涼んでいるんじゃなかったのね »

2009年11月14日 (土)

さまようハンゲツオスナキグモ

0911141
腹部前方にある黄色い紋が目印のハンゲツオスナキグモ。半月というより三日月に見えるのですが…

この写真の個体はオスです。公園の駐車場をさまよっていました。たぶんメスを探して走り回っていたところだと思います。この後、運良くメスにめぐり会えたならいいのですが、その結末まで見届けることはできませんでした。

茨城県のレッドデータブックにおいて、ハンゲツオスナキグモは希少種に指定されています。確かに、蜘蛛探しをしていても出会う機会はそう多くはありません。しかし、まったく見ないというわけでもないんです。どちらかというと探しにくい蜘蛛であるような気がします。見つけにくい蜘蛛なので、生息数も確認しにくいでしょう。なので、必然的に数が少ないように思えてしまう傾向があるのかもしれません。彼らは管状住居を作ってその奥に潜んでいるのですが、一見するとヤチグモ科の蜘蛛の住居と見間違えることが多いです(私の場合)。


●ハンゲツオスナキグモ/Steatoda cingulata
ヒメグモ科カガリグモ属

撮影:2009.10.9/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 催眠術師マルピッサ | トップページ | 涼んでいるんじゃなかったのね »

コメント

こんばんは♪
このクモはうちの庭のキヅタの茂みにいます。
サラグモのようなアミに仰向けにぶら下がっていると感じていたのですが、不規則網に管状住居なのですね。言われてみればそうなのかも?

よそで見た時も石垣の穴でしたし、おっしゃるとおり少ないというより、見つけにくいクモなのでしょうね。

投稿: 夏子 | 2009年11月15日 (日) 00時17分

夏子さん、こんばんは。

そちらでは多数見かける蜘蛛のようですね。私はまだ5回見ているかいないか程度です。今のところ、私にとってはけっこうレアな蜘蛛なんです。ちなみに、オスを見たのは今回が初めてです。

投稿: mushizuki | 2009年11月15日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/32212287

この記事へのトラックバック一覧です: さまようハンゲツオスナキグモ:

« 催眠術師マルピッサ | トップページ | 涼んでいるんじゃなかったのね »