« 近頃よく見るゴミグモの仲間 | トップページ | 催眠術師マルピッサ »

2009年11月11日 (水)

木の葉隠れの術? いや、木の葉隠しの術

0911111
「天高く蜘蛛肥ゆる秋」とは言ってみたものの、じつはこれ10月の写真です。青空とジョロウグモは絵になります。じつに美しいですな。


0911112
そんななか一匹のしわくちゃな個体を発見。残念ながらすでにお亡くなりになっていました(合掌)。さて、近くに卵のうはないものかと探してみると…


0911113
怪しげな木の葉を見つけました。幹の垂直面に落ちることなく張り付いているところが、いかにも不自然です。さては?


0911114
もしかして、もしかすると…


0911115
やっぱり! この葉の裏には卵のうが隠されていました。聞いたところによると、ジョロウグモは卵のうを木の葉で隠すことが多いそうです。それにしても、手頃なものを見繕ってうまく張り付けるものです。隠すためなのか、防滴・防寒のためなのかわかりませんが、これも蜘蛛の知恵の一つなんでしょうね、きっと。


●ジョロウグモ/Nephila clavata
ジョロウグモ科ジョロウグモ属

撮影:2009.10.21/土浦市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 近頃よく見るゴミグモの仲間 | トップページ | 催眠術師マルピッサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/32172835

この記事へのトラックバック一覧です: 木の葉隠れの術? いや、木の葉隠しの術:

« 近頃よく見るゴミグモの仲間 | トップページ | 催眠術師マルピッサ »