« 登場回数が少ないコゲチャオニグモ | トップページ | ヤマオニ!? »

2009年10月12日 (月)

チリイソウロウグモの卵のう?

0910121
鈴のような小さな物体がぶら下がっています。これは蜘蛛の卵のう。そばにいるのはメスグモです。


0910122
ヒメグモ科イソウロウグモ属の一種だと思います。たぶんチリイソウロウグモではないでしょうか。

イソウロウ(居候)の名の通り、他の蜘蛛の網に同居してかかった餌のおこぼれなどをちょうだいして暮らしています。ときには母屋の主に襲いかかって餌にしてしまうこともあるといいます。体長10ミリ前後(オスはメスより小さく5〜9ミリ)の小さな蜘蛛ですが、凶暴な一面も持ち合わせている侮れない蜘蛛です。


●チリイソウロウグモ/Argyrodes kumadai
ヒメグモ科イソウロウグモ属

撮影:2009.9.11/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 登場回数が少ないコゲチャオニグモ | トップページ | ヤマオニ!? »

コメント

こんにちは♪
チリイソウロウグモ、私も近所で1か所だけ見つけたのですが、それ以外はどこにも見つかりません。
大きいから他にも見つかりそうな気がしたのですが・・・。
そんなに一か所にたくさんいるクモではないのでしょうか?

投稿: 夏子 | 2009年10月12日 (月) 17時46分

夏子さん、こんばんは。

私の住む茨城県南部に関して言えば、ちょっとした雑木林に行くとたいがい見つかる蜘蛛です。ただし、体が扁平で小さいので見つけにくいとは思います。

図鑑にはクサグモの網(受け皿になっている糸の密集した部分ではなく、それを支える糸)やヒメグモ、サラグモの網にいることが多いと書かれています。(自分がよくみかけるのはヒメグモやサラグモの網です)

蜘蛛の網を見つけると、どうしても主人公を探しがちですが、脇役を捜すつもりで網の外周を探すと見つけられることが多いです。ただし、一か所に何匹もいるわけではありません。

投稿: ささがに | 2009年10月12日 (月) 17時58分

ありがとうございます。
網の外周、探してみます(^o^)

投稿: 夏子 | 2009年10月12日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/31751915

この記事へのトラックバック一覧です: チリイソウロウグモの卵のう?:

« 登場回数が少ないコゲチャオニグモ | トップページ | ヤマオニ!? »