« 標高500メートルのイシサワオニグモ | トップページ | 宙に浮く茶色い布 »

2009年10月 6日 (火)

ジョロウグモの結婚式

0910061
結婚式に参列しました。いいえ、たまたま通りかかっただけです。

新婦は黒に黄色と赤の入り交じったドレスを身にまとうジョロウグモ。いつ見てもショッキングな配色です。これがまた印象に残る色で、存在感を引き立てます。

新郎の入場です。メスのお尻の上の方から慎ましく近寄ってくるオスが見えますでしょうか? 体格差は10倍以上ありそうです。いや、もっとかな?


0910062
「おじゃましま〜す」って感じですね。


0910063
めでたく、結婚(いや、交接ですね)となりました!

写真には写っていませんが、網の少し上の方に別のオスがいます。このオスがメスに近づこうとしたとたん、交接中のオスが追い払いにいきました。ライバルが多いと大変ですね。子孫を残すため、オス同士は熾烈な戦いを繰り広げていました。もっとも、新婦であるメスに食べられてしまうという危険もつきまといます。はぁ、蜘蛛のオスは大変ですね〜

この時季になると、ジョロウグモの網が黄色っぽく見えるものが増えてきます。なぜでしょう? 成熟したメスの横糸は粘着物質が黄色くなるのでしょうか? 夏の網はあまり黄色くは見えなかったのですが…


●ジョロウグモ/Nephila clavata

撮影:2009.9.28/桜川市・旧真壁町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 標高500メートルのイシサワオニグモ | トップページ | 宙に浮く茶色い布 »

コメント

ジョロウグモの結婚、いいですね。
私も実物を見てみたいものです。

夏のジョロウグモってなんだかお腹がへっ込んでピーナツ型ですよね。
この時期のジョロウグモはお腹がパンパンで、コガネグモのようにお腹の丸い別種のクモではないかと思ってしまいます。

投稿: むいむいのお時間 | 2009年10月 7日 (水) 01時04分

むいむいのお時間さん、こんばんは。

この季節、私の住む地域では一番目にする蜘蛛です。じつは、あの派手な色がたまらなく好きです。なんとなくクリムトの絵画を思い出してしまいます。

でも、み〜んな嫌いなんですよね、蜘蛛って。見れば見るほどおもしろい生きものなんですけど…

そうそう、ジョロウグモの結婚式は随時開催されているので、きっと目にすることがあると思います。小さなオスが同居している網を見つけたら、しばらく観察してみてください。

投稿: ささがに | 2009年10月 8日 (木) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/31677545

この記事へのトラックバック一覧です: ジョロウグモの結婚式:

« 標高500メートルのイシサワオニグモ | トップページ | 宙に浮く茶色い布 »