« この、臆病者がァ | トップページ | ジョロウグモの結婚式 »

2009年10月 4日 (日)

標高500メートルのイシサワオニグモ

0910041
茨城県の県南部・石岡市から県西部の桜川市に行くには、峠を越えていくのが一番の近道。峠は二つあります。一つが上曽峠、もう一つが湯袋峠。そうなんです、じつはこの二つの峠にはオレンジの美しい蜘蛛が棲んでいるのです…

前回のイシサワオニグモの写真を撮ったのは上曽峠の近くでした。今回は湯袋峠から少し脇道に入ったところで見つけた個体です。道路地図の等高線を数えてみたら、発見地は標高約500メートルの場所でした。


0910042
この蜘蛛は平地ではまったく見かけません。いったい標高何メートル以上の場所に生息するのでしょう? 今度は標高300メートルぐらいの場所を探索してみようかしら。


●イシサワオニグモ/Araneus ishisawai
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2009.9.28/桜川市・旧真壁町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« この、臆病者がァ | トップページ | ジョロウグモの結婚式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/31640771

この記事へのトラックバック一覧です: 標高500メートルのイシサワオニグモ:

« この、臆病者がァ | トップページ | ジョロウグモの結婚式 »