« オレンジグモの季節到来 | トップページ | メロンパンが焼けたよ! あれ、焦げてる »

2009年9月23日 (水)

ヤエンオニグモってそれほど見かけない

0909231
ヤエンオニグモは珍しい蜘蛛ではありませんが、茨城県南部においては個体数が多い蜘蛛でもないような気がします。写真は体長6〜7ミリの幼体です。

平地ではほとんど見た記憶がありません。どちらかというと、多少標高の高い場所で見かけます。この蜘蛛はオニグモ属のなかでは珍しく「隠れ帯」を造る種だそうです。確かに、幼体でも成体でも網には隠れ帯があります。私がよく見るのは縦方向のものです。おぼつかない記憶ですが、×印の隠れ帯は見たことがありません。

●ヤエンオニグモ/Araneus macacus
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2009.9.14/桜川市・旧真壁町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« オレンジグモの季節到来 | トップページ | メロンパンが焼けたよ! あれ、焦げてる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/31493564

この記事へのトラックバック一覧です: ヤエンオニグモってそれほど見かけない:

« オレンジグモの季節到来 | トップページ | メロンパンが焼けたよ! あれ、焦げてる »