« 緑の蜘蛛2 | トップページ | これ、コガタコガネグモじゃないかも »

2009年8月15日 (土)

見たことがない蜘蛛の卵のう

0908151
怪しげなものが笹の葉の裏側にくっついています。きっと蜘蛛の卵のうに違いありません!


0908152
卵のうの表面には赤い糸が張り巡らせてあります。この赤い糸の持つ意味は何なのでしょう?


0908153
申し訳ありませんが、ちょっと中身を拝見。

うわ〜、すごい数の子グモたちがひしめいています。ルーペで見てみましたが、何グモなのかさっぱりわかりませんでした。

後で調べてみたら…

どうやらゲホウグモの卵のうのようです。ゲホウグモの存在は図鑑を見て知っていましたが、実物はいまだに見たことがありません。

枝先などに止まっていると、木のこぶのように見えるそうです。いわゆる擬態ですね。そんな止まり方をすることは知っていたので、出かけるたびに注意深く見ていたのですが、残念ながら出会いは一度もありませんでした。

しかし、この一件でゲホウグモがいることだけは確認できました。今後は成体(親グモ)を発見できるようにがんばっていこうと思います。


●ゲホウグモ/Poltys illepidus
コガネグモ科ゲホウグモ属

撮影:2009.7.3/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 緑の蜘蛛2 | トップページ | これ、コガタコガネグモじゃないかも »

コメント

こんにちは,,,.
何時までも梅雨ってかんじですネ.
これがゲホウグモの卵嚢ですか,,,成体にも会ったことがありません.
ところで,そちらのコケオニグモはどうなっていますか.
私は未だに発見できません.

投稿: vittata | 2009年8月16日 (日) 11時49分

お盆休みはいかがお過ごしですか?

こちら、茨城県南部は14日から晴天が続いています。お盆前に局地的な豪雨がありました。vittataさんがおっしゃるような「梅雨みたいな感じ」はありません。どちらかというと雨不足という感じがします。

ところで、そちらは豪雨に見舞われている地域もあるそうですが、お住まいになっている地域は大丈夫ですか?

コケオニグモの件ですが…
地元のコケオニグモは立派なオスに成長して、メスを探しに出かけたようです。後から見つけた筑波山のコケオニグモは、それ以降観察に行っていないので不明です。

コケオニグモは昼間の観察で見つけることは難しそうな気がします。夕方の網を張る時間を見計らって行った方が可能性が高いような気がします。

投稿: ささがに | 2009年8月16日 (日) 14時09分

僕も去年ゲホウの卵嚢確認したのですが、同じくこれ何だろう?と?マークが立ちました笑

ピンクの糸が外見にどういう影響を与えているのかよく分かりません...

投稿: ジーク | 2009年8月16日 (日) 21時43分

ジークさん、こんばんは。

この赤い糸、やっぱり気になりますよね。色付きの糸って体内でどう作るのでしょう? 赤い糸の機能性だけでなく、製造方法の方が気になってしまいます。こんな赤い糸の蜘蛛の網があったらキレイかも。一度見てみたいものですね、色付きの網。

ビジョオニグモの網は、色付きの粘着物質のせいで黄色く見えますが…

投稿: mushizuki | 2009年8月21日 (金) 00時31分

はじめまして。
クモのことを調べていてたどり着きました。
で、偶然この記事を見つけました。
ゲホウグモの卵のう、私も8月に見つけましたが、何で調べてよいのやらと、まったく諦めておりました。
マテバシイの茂みの下のススキの葉っぱについていました。

今度から、夕方そのあたりを注意して探してみようかと思います。いい情報、ありがとうございました(^o^)

投稿: 夏子 | 2009年9月25日 (金) 22時00分

夏子さん、はじめまして。

お役に立てて幸いです。お時間があるときに、また遊びに来てください。お待ちしております。

投稿: ささがに | 2009年9月26日 (土) 18時17分

初めてお便りします。 この度、数年前に撮影してあったゲホウグモの産卵の様子をyou-tubeに投稿いたしましたので、ご覧頂ければ幸いです。

投稿: | 2011年6月16日 (木) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/30976799

この記事へのトラックバック一覧です: 見たことがない蜘蛛の卵のう:

« 緑の蜘蛛2 | トップページ | これ、コガタコガネグモじゃないかも »