« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月19日 (日)

ササグモは水田近くがお好き?

0907191
雑木林を歩くことが多い私にとって、ササグモはそれほど見かける蜘蛛ではありません。ところが、水田脇にある草むらを歩いたら…あちこちにササグモの姿があるではないですか。

腹部の縞模様が印象的です。長い刺のようにも見える脚の毛は、彼らの外見的特徴の一つでしょう。眼の配置も独特で、幅の狭い顔の正面に6つ並び、残りの2つが頭頂部にあります。


0907192
こちらはオスです。触肢がふくらんでいるので成体だと思います。上のメスと比べると腹部がほっそりしています。


●ササグモ/Oxyopes sertatus
ササグモ科ササグモ属

撮影:2009.6.28/石岡市・旧八郷町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

カニグモもアリを食べるのね

0907181
やけに赤っぽいカニグモです。茨城県南部に多いカニグモの一種がヤミイロカニグモです。カニグモ科は意外と種の判別が難しいので断言はできませんが、たぶんこの蜘蛛も同種だと思います。

アリを捕獲しているのは見たことがないので、珍しいのかと思い撮影しておきました。腹が減ってりゃなんでも食べるのかもしれませんが…


撮影:2009.6.28/石岡市・旧八郷町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

早熟? ドヨウオニグモ

0907161
過去の経験からすると、この大きさのドヨウオニグモを見るのは夏の終わり頃だったような気がします。写真の個体は亜成体でしょうか? 成体に近い大きさまで育っています。


0907162
よっぽど餌が豊富なのか、今年は特別成長が早いのか、あるいはここの環境が特別なのか、理由はわかりません。もしかすると、この時季にこの大きさまで成長するのは普通のことで、経験不足でそれに気づかなかっただけかも。

●ドヨウオニグモ/Neoscona adianta
コガネグモ科ヒメオニグモ属

撮影:2009.6.28/石岡市・旧八郷町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

筑波山にもコケオニグモ

0907151
速報です。仕事帰りに筑波山の中腹でコケオニグモを見つけました。場所は春の観光名所のひとつである「筑波梅林」の駐車場近くです。

石岡市では何度も見ていますが筑波山では初めてです。石岡にいるのだから筑波山にいてもおかしくはありませんね。標高の面でも、自然度の面でも、コケオニグモが生息する条件が筑波山の方が揃っていると思います。


0907152
ちょうど網を張っているところだったので、ゆらゆら揺れてうまく撮れませんでした。なんとか反対側に回って腹部裏もパチリ。写真はメスの成体です。今まで、胸板が鮮やかな赤であることを知りませんでした。いや〜、紅をさしたようでとてもきれいです。緑の体に赤が一段と映えます。

0907153
この個体、なかなかの大きさでした。定規を当ててみたところ、20ミリくらいありそうです。うわ〜、でか!

0907154
筑波山の中腹なので、標高は400〜500メートルぐらいでしょう。周りの風景は写真の通りです。7時を過ぎていたので、だいぶ暗くなっています。


●コケオニグモ/Araneus seminiger
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2009.7.15/つくば市・筑波山
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

コガネグモは元気です

0907131
茨城県南部にはまだまだコガネグモが見られる場所がいくつもあります。全国的に数が減っているという噂も聞きますが、身近で見られるのはとてもうれしいことです。

コガネグモをネットで検索する場合、蜘蛛に詳しくない方は「黄色い蜘蛛」をキーワードにするようです。確かに鮮やかな黄色い帯が目を引きます。面積的にはそう広くないのですが、やはり黄色は印象に残るのでしょう。それにしても、ボリュームがあってじつに美しい蜘蛛です。

とにかく、黄色い蜘蛛で有名になったのは喜ばしいこと。本人も喜んでいるかも…そんなことないですかね?


0907132
腹部の裏を見ると、こちらにも黄色いラインがあります。成熟すると糸疣のあたりが赤く見えてなかなかカラフルです。

網に目を移すと、太いジグザグの入った隠れ帯が見えます。通常は×印になることが多いのですが、この蜘蛛は一本足りません。左斜め上の一本は今から作るところでしょうか?


0907133
こちらはコガネグモがいる場所の近くの写真。山の麓で自然豊かな場所です。雲がなければ筑波山が見えるはずなのですが…

●コガネグモ/Argiope amoena
コガネグモ科コガネグモ属

撮影:2009.6.28/石岡市・旧八郷町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

脱ぎ捨てられたドレス

0907121
ドレスとは美化し過ぎでしょうか。蜘蛛の脱皮殻です。見たところハエトリグモ科の蜘蛛に間違いなさそうです。残念ながら種までは判断できません。

かなりきれいな状態で残っています。今思えば、持ち帰って宝にすればよかったと後悔。宝とは言い過ぎですね。ははは。


撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

勝手にイソウロウグモ

0907091
何グモなんでしょう? わかりません。勝手にヒメグモ科のイソウロウグモ属ではないかと想像しています。

0907092
まったくの当てずっぽうなので、根拠も何もありゃしません。


撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

キンイロあるいはアサヒ

0907071
エビグモ科の蜘蛛に間違いないでしょう。茨城県南部ではキンイロエビグモやアサヒエビグモが多く見られます。なかでも一番よく目にするのはキハダエビグモだと思います。

写真の蜘蛛はキハダエビグモではなさそうです。ならば、キンイロエビグモかアサヒエビグモでしょう。さて、どちらでしょうか? なんとなくアサヒエビグモのような気もするのですが、幼体なので断言できません。


撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

チュウガタシロカネグモと間違えそうだ

0907061
コシロカネグモです。腹部の前方にある黒丸模様を見ると、チュウガタシロカネグモと勘違いしそうになります。今まで各地で蜘蛛を見てきましたが、自分は茨城県南部・中央部・北部でチュウガタシロカネグモを見たことがありません。もしかすると、あまり出かけていない鹿行(ろっこう)地域にはいるのかもしれません。鹿行というのは鹿島郡と行方郡の頭文字をとった呼び方で、方位で言うなら東部地域ということになります。

チュウガタシロカネグモでないことは確実です。しかし、オオシロカネグモの幼体かもしれないという疑問は残ります。さぁ、写真の蜘蛛は本当にコシロカネグモなのでしょうか?


0907062
腹部裏側の模様です。ネットで検索したら、コシロカネグモとオオシロカネグモの判別法がありました。この写真では、腹部中央に黒っぽい筋があります。これが真っ黒ならオオシロカネグモ、この筋にチラチラと細かな点が入っているとコシロカネグモだそうです。また中央の筋をはさむように緑色の筋が二列あります。この筋が細いとオオシロカネグモ、太い(黒い筋の三分の二くらい)とコシロカネグモだそうです。

この写真で見ると、中央の黒い筋にキラキラしたものが見えます。さらに両側の緑の筋も太めです。ということは、コシロカネグモで間違いなさそうです。


0907063
こちらは餌の捕獲作業。前の三本の脚を器用に使って、くるくると獲物を糸で包んでいます。


0907064
第四脚も使っています。八本脚フル稼働でじつに効率がいいです。ものの十数秒でこの状態です。お見事!


0907065
さらに糸一本で獲物をつり下げています。自分で紡いだ糸に相当の自信がなければできることではありません。というか、蜘蛛の糸はかなり強靭かつしなやかということでしょう。人間様の作ったクレーンなんて足元にも及ばないかも…


0907066
では、いっただきま〜す。


●コシロカネグモ/Leucauge subblanda
アシナガグモ科シロカネグモ属

撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

神鳴り様の正体は…

0907051
先月のブログで、受信糸を四方八方に伸ばしたヒラタグモの住居を稲妻を轟かせる雷雲に見立てた話を書きました。今日はその神鳴り様の正体をお届けします。


0907052
住居を上からなぞると蜘蛛の居場所がわかります。探り当てたら外の方に軽く押し出していきます。すると…


0907053
ほ〜らね、ヒラタグモが顔を出します。意外にもひょうきんな顔をしてませんか? なかには模様の色が茶色っぽい個体もいます。

この蜘蛛は、昔風の民家などにはいたるところに住居を作っています。今回は野外のスギの樹皮裏にいたものです。屋外で暮らすヒラタグモは、民家にいるものよりも住居に厚みがあるような気がします。やはり屋内よりも環境が厳しいせいでしょうか、きちんと対策をとっているようです。


●ヒラタグモ/Uroctea compactilis
ヒラタグモ科ヒラタグモ属

撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

アオオビはやっぱりアリを食べるのネ

0907041
アオオビハエトリがアリを捕獲しています。捕まえる瞬間は見られませんでしたが、アリを餌にするのは事実であることがわかりました。


0907042
こちらは別の個体です。横顔もお届けしておきます。お尻の末端近くの明るい模様が印象的です。寸足らずのパンツをはいているように見えて笑っちゃいます。なんだかかわいい〜


●アオオビハエトリ/Siler cupreus
ハエトリグモ科アカガネハエトリグモ属

撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

ワシグモ科って撮りにくいんです

0907031
久々のワシグモ科の蜘蛛です。たぶんナミトンビグモだと思います。光の当たり方によって腹部が黄緑色に見えます。私はこの色が好きなので、この蜘蛛にも好意を寄せています。よく探せば身近で見られる蜘蛛なので親近感もあります。

ワシグモ科の蜘蛛はせかせかと歩いてばかりで、なかなか止まってくれません。撮りにくいったらありゃしない蜘蛛なのです。ブログに登場する機会が少ないのはそんな理由が多分にあります。


●ナミトンビグモ/Sanitubius anatolicus
ワシグモ科ナミトンビグモ属

撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

バスクリンのなかの蜘蛛

0907011
ゆったりとバスクリンの湯につかる蜘蛛というわけではありませんが、あまりにも色がそれっぽくて「ほ〜っ」と溜息が漏れそうです。


0907012
湯船の主はマミジロハエトリのメスのようです。マミちゃんは茨城県南部にはいっぱいいます。っていうか、関東全域いや日本全国にたくさんいるでしょう。全国のマミちゃんを集めたら東京ドームを埋め尽くせるでしょうか? (あ〜あ、バカなことばかり考えてる暇があったら、図鑑に目を通した方がいいのに…)

●マミジロハエトリ/Evarcha albaria
ハエトリグモ科マミジロハエトリグモ属

撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »