« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

お子さん、何人いらっしゃるんですか?

0906291
コモリグモの名にふさわしい姿です。背負っているのは子蜘蛛たち。いったい何匹いるのでしょう。

ハリゲコモリグモの一種であるのはわかりますが、種名までは断言できません。茨城県中央部の平地ですから、ハリゲコモリグモあるいはイナダハリゲコモリグモのどちらかだと思います。


撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

いそうでいないイヅツグモ

0906281
もっと見かけてもいいはずなのに、あまり目にしないのがイヅツグモです。もしかすると探し方が悪いのかもしれません。

今回はひょんなところで発見。公園内にある石の彫刻の上を歩いていました。周囲には杉林があるので、そちらに棲んでいたのかもしれません。


●イヅツグモ/Anyphaena pugil
イヅツグモ科イヅツグモ属

撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

ツートンカラーのオス

0906271
公園内にあるコンクリート製の彫刻の上を歩いていました。体長5ミリほどの小さな蜘蛛です。印象からするとコガネグモ科のような感じがします。今まで見たことがない種類。しかもオスです。ヤミイロオニグモのオスかなぁ…なんて、勝手に想像してしまいました。

図鑑を見てみると、マルヅメオニグモにそっくり。きっと間違いないでしょう。初めて見たマルヅメオニグモに、感動がじんわりとわき上がってきました。次はメスを見つけなくっちゃ!


●マルヅメオニグモ/Araneus semilunaris
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2009.6.20/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

精根尽き果てたハツリグモのオス

0906261
樹皮上でぐったりしている蜘蛛がいました。なんとなく見覚えのある姿をしています。


0906262
背中の模様を見たら、ハツリグモのような気がしました。もしかすると、交接後に力尽きてふらふらとしていたところだったのかもしれません。ハツリグモのオスを見たのは初めてだったので、ちょっと嬉しいです。

勝手にハツリグモのオスと思い込んでいますが、もしかしたら間違っているかもしれません。


●ハツリグモ/Acusilas coccineus
コガネグモ科ハツリグモ属

撮影:2009.6.16/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

神鳴りさまの雲

0906251
細かな稲妻を四方に轟かせる小さな雲。この稲妻は受信糸と呼ばれるものです。虫が通りかかってこの糸にふれると、雲のなかに隠れている蜘蛛がさささっと出てきて獲物を捕まえるそうです。つまり、この雲は蜘蛛の住居ということになります。

今回は高い位置にあったので神鳴り様は拝めませんでしたが、そのうち神鳴り様の正体であるヒラタグモをご報告したいと思います。


撮影:2009.6.15/石岡市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

コシロとオオシロの違い

0906231
じつは私、コシロカネグモとオオシロカネグモの見分け方で迷いがありました。オオシロカネグモの成体は一目見ればわかるのですが、この写真の蜘蛛がオオシロカネグモの幼体かもしれないと疑っていたのです。

そんな疑いを持つと…「じゃぁ、コシロカネグモの成体はどれだ?」という壁に突き当たります。どう考えても、この写真の蜘蛛がコシロカネグモということになるわけです。ということで、この蜘蛛をコシロカネグモと思うようにしました。


0906232
数日後、オオシロカネグモの幼体らしき蜘蛛を見つけました。その幼体は、脚がもっと濃い緑でした。その色はオオシロカネグモの成体の脚の色と同じです。今後は、脚の色を目安に両者を識別しようと思います。
(この写真は上の蜘蛛・コシロカネグモの腹部裏です)

コシロカネグモ/Leucauge subblanda
アシナガグモ科シロカネグモ属

撮影:2009.6.16/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

最も生息数の多い蜘蛛?

0906212
背中の縞々が目印。糸疣の先端がピョコンと二本出ているのも特徴です。こちらはクサグモ。

庭の生け垣から樹木の密集した枝先など、いたるところに棚網を張って暮らしています。意外と人の暮らしに近い場所に多い蜘蛛です。ひょっとすると、この季節に一番目にする機会が多い蜘蛛かも知れません。


0906211
図鑑ではクサグモの仲間として、クサグモ、イナズマクサグモ、コクサグモの三種が載っています。この写真の蜘蛛はどれかというと…たぶんクサグモではないかと思います。

(図鑑によれば、イナズマクサグモは茨城県の南部には生息していないことになっていますので)


●クサグモ/Agelena limbata
タナグモ科クサグモ属

撮影:2009.6.16/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

オスになったコケオニグモ

0906201
しばらく観察を続けていたコケオニグモがオスになりました。

蜘蛛は幼体と呼ばれる段階では、オスかメスか判断できません。最後の脱皮を迎える前になって、ようやくわかるようです。このコケオニグモについても、数週間前まではメスだと勝手に思い込んでいました。なにせ、あまりにもふっくらとしていたのもですから。

ところが、先日見に行ったらマッチョなオスに変身。意外な結果となりました。

この蜘蛛がいた周辺では、ほかに2匹のコケオニグモを以前確認していたのですが、最終的にはこのオス1匹しか残っていないようです。あとはこのオスが、別の場所にいるメスと出会えることを祈るだけです。


●コケオニグモ/Araneus seminiger
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2009.6.16/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

蜘蛛のウンチ

0906161
蜘蛛の排泄物は液体です。たまに見かけますが、白い液体であることがほとんど。ときどき、白い液体の中に黒い線状のものが含まれていることもあったりします。

写真はイオウイロハシリグモの幼体です。お尻のすぐ下、葉っぱの上に白い液体があるのがおわかりでしょうか。それが排泄物です。でも、ウンチと言っていいのかオシッコと言っていいのかわかりません。


●イオウイロハシリグモ/Dolomedes sulfurous
キシダグモ科ハシリグモ属

撮影:2009.6.14/小美玉市・旧小川町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

腹部がキラキラ

0906151
見たことあるような、ないような…あまり見かけない蜘蛛です。


0906152
腹部に細かいキラキラ模様が入っています。ギンメッキゴミグモの変異かなぁ〜と思いましたが、張っていた網は円網ではなかったような。ならばヒメグモ科の仲間かなぁ? イソウロウグモの一種かとも思ったのですが、答は出ませんでした。

撮影:2009.6.12/常陸大宮市・旧御前山村
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

くも団子、お一ついかが?

0906131
そう言われてもねぇ…

くも団子なんて言葉は辞書にはありませんが、「これがそうなのだ!」と言われればそう思えませんか?


0906132
「ふっ」と息を吹きかけると、ご覧の通り。まさに、蜘蛛の子を散らすといった感じです。普通の人なら「う〜っ、気味悪い」と言うところでしょう。しかし、これがなんともかわいらしいんですよ。チビッちゃい奴が「うわぁ〜」なんて大慌てで動き回っているのを見ると…ほっほっほっ。


0906133
さて、この蜘蛛の種については断言しかねるところです。ルーペで見てみたら、眼の配置がなんとなくアシナガグモの仲間のように思えました。持ち帰って育てれば一発でわかるのでしょうが、これを持ち帰るのもどうかと思いそのままにしてきました。


撮影:2009.6.12/常陸大宮市・旧御前山村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

白いゆりかご

0906111
蜘蛛の産室らしきものを見つけました。中には卵を守っている母蜘蛛がいるはずです。


0906113
出入り口の穴から母蜘蛛の姿がうかがえます。

ハエトリグモのようですが、何ハエトリでしょう?


0906112
マミジロハエトリのように見えます。でも、よく見かける標準的なマミジロハエトリのメスよりずっと小さいです。しかも、なんとなく腹部の模様が違うような気も…


0906114
とは言ってもマミジロハエトリなんでしょうね、きっと。


●マミジロハエトリ/Evarcha albaria
ハエトリグモ科マミジロハエトリグモ属

撮影:2009.6.3/笠間市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

ヤハズハエトリはどこに?

0906101
こちらはキタヤハズハエトリです。最近はいろんなところで目にします。その反面、見なくなったのがヤハズハエトリ。

二、三年前にはいろいろな場所でヤハズハエトリを見かけたのですが、場所によってはキタヤハズハエトリが取って代わり、ヤハズハエトリが姿を消しています。なんとなく、キタヤハズハエトリに駆逐されたような気配です。

茨城県南部や中央部では、もはやキタヤハズハエトリが優勢のような気もします。もしかするとヤハズハエトリは、どこかに安住の地を探し出してひっそりと暮らしているのかも…

今後は、ヤハズハエトリやオスクロハエトリに注意を払っていこうと思います。

●キタヤハズハエトリ/Mendoza ibarakiensis
ハエトリグモ科テナガハエトリグモ属

撮影:2009.6.3/笠間市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

スパイダーマンのモデル?

0906091
キハダエビグモです。エビグモ科の蜘蛛はとにかく動きが速いです。きっと、蜘蛛に興味のない方が見たら、その動きは蜘蛛のものとは思わないでしょう。たぶん、別種の生きものだと勘違いすると思います。


0906092
小刻みに脚を動かし、目にもとまらぬ早さで樹皮上を駆け上っていきます。上下だけでなく左右にも機敏に動くので、まるで忍者のようです。

そんな動作を見て思い出すのが、映画のスパイダーマンが高層ビルの壁を駆け上がっていくシーンです。ひょっとして、スパイダーマンはエビグモ科の蜘蛛をモデルにしているのではないかと思ってしまいます。


●キハダエビグモ/Philodromus spinitarsis
エビグモ科エビグモ属

撮影:2009.5.30/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

またまた大きくなったコケオニグモ

0906081
5月の末に再びコケオニグモを観察に行きました。前回より少し大きくなったような気がします。


0906082
こちらは上の写真とは別な個体。こちらの方が大きいです。たぶん13ミリくらいあるのではないでしょうか。丸々と太っているところを見ると、たっぷり餌を食べているようす。きっとこの雑木林は食料が豊富なのでしょう。


●コケオニグモ/Araneus seminiger
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2009.5.30/石岡市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

渓流の蜘蛛

0906031
渓流あるいは沢が流れる山などに行くと必ず目にするのがスジアカハシリグモです(個人的にはすっごくカッコいい蜘蛛だと思っています)。

図鑑には「良好な自然環境が保たれている場所にしかいない」とあります。そう言われれば、何となくそんな気がします。人の手があまり入っていない場所で見ることが多いのはそのためでしょう。

この蜘蛛はキシダグモ科に属しています。身近でよく見るイオウイロハシリグモも同じキシダグモ科。確かに、イオウイロハシリグモも同じようなポーズで葉の上にいるところを目にします。この姿勢はキシダグモ科特有のポーズなのでしょうか。明らかに獲物を待ち伏せしているものだと思いますが、ここでいったい何を待っているのでしょう?

ハエとかトンボ、それともカゲロウとかでしょうか。獲物を捕らえるところを見たいと思いましたが、仕事中だったので写真だけ撮ってお別れしてきました。


●スジアカハシリグモ/Dolomedes saganus
キシダグモ科ハシリグモ属

撮影:2009.5.12/高萩市・花貫渓谷
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

不思議なくびれ

0906021
アリグモのお食事風景です。食べているのは蚊のような虫でしょうか?

それにしてもアリによく似ています。とくに頭胸部のくびれが見事です。まるで、頭、胸、腹部の3つに分かれているような錯覚を起こさせます。

本来、蜘蛛は頭胸部と腹部の2つに分かれています。昆虫のように頭、胸、腹の3つに分かれた蜘蛛はいません。しかし、アリグモはくびれを作ることで、あたかも昆虫(アリ)であるかのように見せかけています。

このようなくびれを作るのに、いったい何年かかったのでしょう? これって進化と呼べるのかしら。それとも構造変化、形態変化なのでしょうか。

アリに似せることはいろいろと都合のよいことが多いらしいです。アリは昆虫のなかではかなり攻撃的な性格らしく、他の昆虫から恐れられているそう。おまけに蟻酸などを出したりするので、外敵も少ないという話です。

思いついたアリグモも偉いですが、似せてしまう努力も相当したのではないでしょうか。なんでほかの蜘蛛たちは真似しなかったのでしょうね? 不思議です。


●アリグモ/Myrmarachne japonica
ハエトリグモ科アリグモ属

撮影:2009.5.26/下妻市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ユノハマサラグモ&クスミサラグモ

0906011
ユノハマサラグモです。


0906012
後方からの姿。


0906013
下から撮った全体像。網にはアブラムシのようなものがいっぱい引っかかっています。


0906014
すぐそばにはクスミサラグモが網を張っていました。


0906015
こちらはオス。クスミサラグモのオスかと思いましたが…


0906016
もしかすると、ユノハマサラグモのオスかもしれません。蜘蛛は、オスとメスで姿がまったく違う種が多いので見分けるのが難しいです。


●ユノハマサラグモ/Turinyphia yunohamensis
サラグモ科ユノハマサラグモ属

●クスミサラグモ/Neolinyphia fusca
サラグモ科ツリサラグモ属


ユノハマサラグモは茨城県南では頻繁に見かけます。とくに山の方に多いです。一方のクスミサラグモは茨城県南では見かけません。どのあたりが生息の境界線になっているのか判断できませんが、県北部でよく見かける蜘蛛です。蛇足ですが、茨城県西部に行くとムネグロサラグモをよく見かけます。


撮影:2009.5.12/高萩市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »