« エビグモ科の蜘蛛? | トップページ | 「人」と書いて「マネキグモ」と読む »

2009年5月 9日 (土)

帯流し

0905091
白い糸が帯のようにスギの枯れ枝に引っかかっています。ふむふむ、きっとこれは蜘蛛の糸に違いありません。


0905092
拡大するとこんな感じです。たぶんジグモの子どもたちがここからバルーニングで巣立っていったのだと思います。なぜそんなことが言えるのかって? じつは、数年前にこんなものを見たからです。


0905093
撮影は2007年3月です。私にとっては春の風物詩の一つといえます。残念ながら今年はジグモの子どもたちの“まどい”が見られませんでした。ちょっと心残りです。


●ジグモ/Atypus karschi
ジグモ科ジグモ属

*もしかしたらワスレナグモの幼体かもしれません


撮影:上の2枚は2009.4.4/石岡市、最後は2007.3.26/つくば市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』


5月14日追記
もしかするとワスレナグモの幼体かもしれません。自分はワスレナグモを見たことがないので断定できません。

|

« エビグモ科の蜘蛛? | トップページ | 「人」と書いて「マネキグモ」と読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/29515244

この記事へのトラックバック一覧です: 帯流し:

« エビグモ科の蜘蛛? | トップページ | 「人」と書いて「マネキグモ」と読む »