« 蜘蛛の代名詞的な存在、オニグモ | トップページ | ワシグモ科の眼 »

2009年4月 6日 (月)

愛らしき猫

0904061_2
猫は猫でもネコハグモです。背中の模様がなんともかわいらしい蜘蛛です。

今でこそ「あっ、これはネコハグモだ」なんて言えますが、数年前まで名前も知りませんでした。ましてや姿も見たこともありません。

ハグモのハの字も知らなかった私。それが蜘蛛を見るようになってから、身の周りにたくさんの種類がいることに気づいたわけです。

写真のネコハグモですが、これが意外といるんです。フェンスの隅や大きな葉っぱの上、今回の写真の橋の手摺の裏側に…

じつはネコハグモによく似たアシハグモという蜘蛛もいます。素人が見たところで両者の識別はできないそうです。模様の違いだけでは断定できないというのが専門家の意見。生息域に微妙な違いがあるようですが、茨城県南部には両方とも生息しているようです。自分は勢いでネコハグモと言ってしまいましたが、ひょっとするとアシハグモの可能性もあります。


●ネコハグモ/Dictyna felis
ハグモ科ハグモ属

撮影:2009.4.5/常総市・旧石下町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 蜘蛛の代名詞的な存在、オニグモ | トップページ | ワシグモ科の眼 »

コメント

自分もネコハグモ好きです。大学構内を歩いてる時に壁の隅っこやトイレの隅などを気付かないうちに確認しているようです(笑

また名前の響きもなんだかほんわりとしていて素敵ですnote

投稿: ジーク | 2009年4月 9日 (木) 19時57分

ジークさん、こんばんは。

私も公園のトイレに入ると必ず天井の隅を見ます。こそには必ずと言っていいほど、ユウレイグモの姿があるものです。いなかったりするとガッカリしてしまう自分に、マニアックな域に突入してしまった妙な不安を感じたりします。

ふと気づくと蜘蛛探し(ほかにコケ、きのこ、蛾など)をしている自分。おかげで、何日か前に報告したコケオニグモに出会えたのですが…

投稿: mushizuki | 2009年4月10日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/28997646

この記事へのトラックバック一覧です: 愛らしき猫:

« 蜘蛛の代名詞的な存在、オニグモ | トップページ | ワシグモ科の眼 »