« 水陸両用の蜘蛛 | トップページ | 蜘蛛の代名詞的な存在、オニグモ »

2009年4月 4日 (土)

奇跡の蜘蛛!? コケオニグモ

0904041
コケオニグモを見つけました! 茨城の県南部で二度も出会うとは思わなかったので、感激もひとしおです。前回見たのは2007年の1月。あれから2年が過ぎています。しかも今回見つけたのは前回と同じ雑木林で、100メートルほどしか離れていない場所です。もしかしたら、着実に定着して繁殖しているのかもしれません。同時に3個体見つけたことからも、その可能性はかなり高いような気がします。

それにしても美しい蜘蛛です。オニグモの仲間とは思えない色をしています。コケという名前がついている通り、日中はコケの生えている場所に身を潜めていることが多いようです。


0904045
見つけたのはサクラの樹皮上です。所々に体色と非常に似たウメノキゴケの仲間が生えていました。それにしてもコケとそっくりの色なのがほんとに不思議です。彼らはどうやってコケの生えている木や場所を認識しているのでしょう?


0904044
こちらの蜘蛛は食事中でした。ハチかアブを捕まえています。彼らは網の上で食事をするのではなく、安定した場所にもどってゆっくり食事するのでしょうか?


0904042
念のため、周囲にあるサクラ以外の木(スギやクヌギ、コナラ)も隈無く見てみましたが、見つけることができませんでした。勝手な推測ですが、当地のコケオニグモはサクラの木がお好きなようです。というか、ウメノキゴケの仲間が生えたサクラが好きだと言った方がよいでしょうか。


0904046
遠くから見るとこんな感じでじっとしています。普通ならまったく気づかないでしょう。こんなところにいたコケオニグモも偉いですが、見つけた私も偉いかも…。今回は自分で自分を褒めたくなってしまいました。


0904043
今後もコケオニグモの成長を見守りながら、観察を続けていきたいと思っています。願うことなら、この地に定着していつでも姿が見られるくらいに増えてもらいたいものです。今回の件でこの雑木林に来る楽しみが増え、蜘蛛観察への意欲が俄然盛り上がってきました(かなり興奮気味です)。

ちなみに、オニグモには苔色型の個体がいるという噂です。ですが、今回見つけた蜘蛛はそれではなく、コケオニグモに違いないとは思うんですが…専門家ではないので断定できませんが、私はコケオニグモと信じていま〜す。

図鑑によれば「山地に生息」とあり、採集記録は極めて少ないとのこと。稀少種のひとつにあげられている蜘蛛でもあります。その蜘蛛を一度に3匹も見つけられたので、すっご〜く幸せです。

●コケオニグモ/Araneus seminiger
コガネグモ科オニグモ属

撮影:2009.4.4/小美玉市・旧美野里町
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 水陸両用の蜘蛛 | トップページ | 蜘蛛の代名詞的な存在、オニグモ »

コメント

こんばんわ
うらやましい!一度で良いから見てみたいクモです.当県では一記録があるだけです.
いつもコケオニグモを念頭においてクモ探索をしていますが,未だ幸運は巡ってきません.

投稿: vittata | 2009年4月 4日 (土) 23時13分

vittataさん、こんばんは〜

いや〜、久しぶりに興奮しました。蜘蛛を見つけて有頂天になってしまうなんて…とうとう私もそんな人間になってしまったようです。

あまりに夢中になったものですから、とんでもない数の写真を撮ってしまいました。しかも、ほとんどピンボケ、手ブレばかり。暗い曇りであったのですが、やはり三脚を使うべきでした。

しばらくは同じ場所にいるでしょうから、次の機会にはしっかり撮ってこようと思います。

vittataさんも、念願かなって出会うことがきっとあると思います。そのときまで楽しみはとっておくというのもいいかもしれません。山の方に行くといることが多いようなので、山登りもひとつの手かもしれません。

投稿: mushizuki | 2009年4月 4日 (土) 23時39分

はじめまして。
最近クモにはまりはじめまして日々探しております。

コケオニグモが出てきてつい書き込みをしてしまいました。
実は今日コケオニかと思って見つけた個体がクモ屋さんに聞いたら実はサガオニだったという^^;
よく見ると形がだいぶ違うのですが見事な苔色でした。

ではこれからも密かに読ませていただきますね。

投稿: ジーク | 2009年4月 6日 (月) 00時01分

ジークさん、はじめまして。

私もサガオニグモの緑色の個体を見つけたときに「何グモだろう?」と、ものすごく悩んだ時期がありました。あの緑色は不思議な色ですよね〜

私は蜘蛛を見始めてから約2年が経過しました。ようやく初心者から初級者ぐらいになった感じです。見知らぬ蜘蛛に出会って、「何グモの仲間かなぁ?」と推測できるくらいのレベルです。

ですので、本当は種の断定なんてとてもできるレベルではありません。ブログでは、間違いも勉強のうちと思い種名を書いていますが、あまりあてになさらないでくださいね。

コメントをいただき、ご覧になられている方がいるのがわかると、ちょっとやる気が出て来ます。なので、これからも気軽にのぞきに来てください。

では、またのお越しをお待ちしておりま〜す。

投稿: mushizuki | 2009年4月 6日 (月) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/28964283

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の蜘蛛!? コケオニグモ:

« 水陸両用の蜘蛛 | トップページ | 蜘蛛の代名詞的な存在、オニグモ »