« 朽ち木の裏のサラグモ | トップページ | 八つ眼のカニ? »

2008年12月15日 (月)

ヒメグモは幼体で冬を越す

0812151
ヒメグモの母蜘蛛です。周りに黄色っぽい点が散らばっています。ぼんやりとしていますが、これが子蜘蛛。11月の中旬に子蜘蛛たちが一斉に卵から出てきました。ということは、幼体のまま冬を越すのでしょう。いったいどんな方法で寒さを乗り切るのでしょう。知りたいです。とても知りたいです。


●ヒメグモ/Achaearanea japonica
ヒメグモ科ヒメグモ属

撮影:2008.11.15/土浦市
参考文献:文一総合出版『日本のクモ』

|

« 朽ち木の裏のサラグモ | トップページ | 八つ眼のカニ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/26211536

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメグモは幼体で冬を越す:

« 朽ち木の裏のサラグモ | トップページ | 八つ眼のカニ? »