« 名前に似合わぬいい仕事 | トップページ | ここは野猿峠じゃないけれど… »

2008年11月28日 (金)

おチビちゃん、たくさんいるね

0811281
ムツボシオニグモは、比較的大きな種が多いコガネグモ科の蜘蛛のなかではかなり小さい方だと思います。この個体の体長は5〜6ミリでした。なんともかわいらしい顔をしています。腹部の末端付近に黒い点が3対、6個あるのでムツボシという名前がついているのではないでしょうか。ほとんどが黄色っぽい色、くすんだオレンジのような色をしていました。


0811282
周りを見るとあっちにも、こっちにもいます。葉っぱがまるまった空間にこっそり網を張っています。網は葉っぱの幅ほどしかない小型のものです。果たして、これで獲物がかかるのでしょうか?


0811283
いろいろな樹木の葉に網を張っていたので、葉っぱの種類の好みはないようです。むしろ、樹木が生えている場所や葉っぱが垂れ下がっている環境の方が重要なのかもしれません。ざっと見た感じでは、低いとこよりも人の身長以上の空間に網が多く見られました。こんな葉っぱの上にある網にかかるのは、いったいどんな虫なのでしょう。興味があるので、かかるまで見ていたかったのですが、待てませんでした。


0811284
なかには、草と草の間に網を張っている個体もいました。なかなか緻密な構造美を持つ網です。


0811285
高さ2.5メートルほどの場所に張られた網です。蜘蛛は網の下側にへばりつくような姿勢になります。ときどき、広めの空間に網を張る個体もいるようです。こうして見ると、やっぱりかわいい奴だなぁ〜と思います。

なぜかこの蜘蛛、平地ではほとんど見かけません。単に見つけられなかっただけかもしれませんが、どちらかというと山間部を好むような気がします。


●ムツボシオニグモ/Araniella yaginumai
コガネグモ科ムツボシオニグモ属

(2008.10.31/桜川市・旧真壁町)

*見つけたのは足尾山という山の頂上付近です。桜川市(旧真壁町)と石岡市(旧八郷町)にまたがる山で、ハングライダーの離陸用滑走路があります。足尾山をはじめ付近の山は、ハングライダーのメッカらしいです。

|

« 名前に似合わぬいい仕事 | トップページ | ここは野猿峠じゃないけれど… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/25706095

この記事へのトラックバック一覧です: おチビちゃん、たくさんいるね:

« 名前に似合わぬいい仕事 | トップページ | ここは野猿峠じゃないけれど… »