« 秋のハナグモ | トップページ | 焦げた蜘蛛 »

2008年11月13日 (木)

幻の蜘蛛

0811131
二度と逢えないと思っていました。と言ったら言い過ぎかもしれませんが、それに近いものを感じていました。昨年たまたま二度ほど見かけた蜘蛛と同じだと思います。


0811132
この蜘蛛、神出鬼没でどんな環境に生息しているのかさっぱりわかりません。見つけたのは二度とも木の上でした。一度は樹皮上、もう一度は枝先。そして今回はと言うと、やはり樹皮上でした。場所は、雑木林が近くにある公園とせせらぎ近く。いずれも平地と呼んでいいような場所です。

標高の高い山とか湿地という特別な環境にいるわけではなさそうです。でも、いつでも見られるかと言うと、そんなことはありません。蜘蛛を観察し始めて、見つけたのは今回で3度目。今回の個体は体長5〜6ミリで、幼体のような感じです。


0811133
外見からするとジャバラハエトリの仲間のような雰囲気です。しかし、外見での判断は禁物。生殖器とかを精査しないと本当のことはわからなそうです。模様の点では、チャイロアサヒハエトリの幼体にも似ているかもしれません(ただし、腹部裏側の色がまったく違います)。


0811134
自分が気付いた特徴としては…
一番大きな目がやけに茶色っぽいことです。まるで外人さんみたい。前列の眼のところに茶色っぽい毛が一直線に生えています。マミジロハエトリならぬ、マミチャハエトリとでも言いたくなるような感じです。


0811135
触肢の先端に白い毛が生えています。6眼かと思いましたが、よ〜く見ると肉眼では確認しづらい小さい眼が2つあるようで、一般的な8眼の蜘蛛のようです。


0811136
脚は八本とも黄色っぽいです。しかも何となく透明感がある黄色。腹部はまるでサンドバッグを引きずっているかのような印象です。


0811137
腹部の裏側はこのような感じ。比較的さっぱりとしています。腹部末端には、糸疣を囲むように外側に白い毛、内側に黒い毛があり、輪のように見えます。

そういえば、この蜘蛛はまだ正確に同定されていないという噂を聞いたことがあります。したがって、学名も属も決まっていないとか…。つまり、まだ図鑑に載っていない蜘蛛です。いったい何と言う名前になるのでしょう。興味津々です。


08012620801263
こちらは以前見た同じ(だと思う)蜘蛛の写真です。左はつくば山麓(2007.5.14)で、右は土浦市の公園(2007.5.27)で見つけた個体です。


(2008.11.13/つくば市)

|

« 秋のハナグモ | トップページ | 焦げた蜘蛛 »

コメント

初めまして
この謎のハエトリグモですが市川市大町自然公園で見つけました。ちなみに体の色は真っ白で脚はきれいなクリアーイエローです。
調べても名前が分からずネットで画像を見つけコメントしました。名前まだないんですね。

投稿: mantis | 2012年7月 2日 (月) 15時25分

mantisさん、こんばんは。

名前がなかったのは2年くらい前の話なので、今頃は名前がついているかもしれませんよ。

投稿: ささがに | 2012年7月 2日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/25305304

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の蜘蛛:

« 秋のハナグモ | トップページ | 焦げた蜘蛛 »