« 色づく果実 | トップページ | あれっ、デーニッツ君じゃないの? »

2008年9月28日 (日)

オレンジの蜘蛛が見たい!

0809271
彼女の名はイシサワオニグモ。彼女は平地には住んでいません。少し高い山(標高500〜600メートル以上)で暮らしています。茨城県南部なら、筑波山やその山系の山になるでしょうか。

彼女を見つけたのは足尾山の山頂付近。今で言う桜川市です。以前の市町村名なら真壁町。初めてこの蜘蛛を見たときの衝撃はかなりのものでした。

「こんな色鮮やかな蜘蛛がいるのか! しかも、オレンジやで!」ってなところでしょうか。アオオニグモやビジョオニグモ、ついでにサツマノミダマシやワキグロサツマノミダマシの深いグリーンも魅力的ですが、このオレンジの蜘蛛にはやられました。一撃で卒倒したような感覚でした。

な〜んで、この写真を載せたかと言うと…
爽やかな秋風が吹くと、いつも彼女を思い出すからです。今、無性にイシサワオニグモを撮りに行きたいです。猛烈な衝動というのはまさにこのこと。一日のんびりと蜘蛛を撮りまくりたい気分です。う〜ん、「のんびり」と言いながら「撮りまくりたい」とはどういうことでしょう? 私、かなり精神が倒錯している模様です。

愚痴っぽいことを書きますが、最近まったく蜘蛛を撮りに行っていません。仕事が忙しいと言えばそれまでですが、一日じゅう仕事をしているわけではありません。蜘蛛を撮りにいける時間に仕事をしなければならない状況が、それを許さないだけです。確かに疲れていますが、これだけ長いこと蜘蛛を撮っていないと、余計に撮影したくなります。もうすぐ、見られる蜘蛛たちの種類はグンと数が減ります。そう、この秋がたっぷりと蜘蛛の撮影ができるラストシーズンなんです。あぁ、行きたいよ〜、行きたいよ〜、行かせてよ〜。


0809272
さて、私のなかでは秋を象徴する蜘蛛であるイシサワオニグモ。彼女のまとう洋服にはいくつかのパターンがあるようです。まず、白いラインが強調されたドレスを着た標準タイプ。あるいはこの写真のように白ラインが薄く、オレンジが目立つタイプ。大きく分けるとこの2パターンに分かれるようです。どちらも素敵ですが、白いラインが強調されたものが自分は好きです。それにしても、なんて美しい蜘蛛なんでしょ!


0809273
最後に、彼女の顔をお届けします。つぶらな瞳とは、まさにこのことでしょうか(ちょっと褒め過ぎ?)。ちなみに、この写真は一昨年に撮影したものです。


0809274
おっと、この角度も映えますね〜。どうです? 一生に一度は見てみたい蜘蛛でしょ? 蜘蛛嫌いの方でも遠くから見るぶんには観賞に堪えうると思いますが…


●イシサワオニグモ/Araneus ishisawai
コガネグモ科オニグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2006.10.12/桜川市・旧真壁町)

|

« 色づく果実 | トップページ | あれっ、デーニッツ君じゃないの? »

コメント

こんばんわ
イシサワオニグモ,,,私も初めて見たときは興奮しました.
「きたあ~!」 そして小指と親指を立てた両腕を胸の上でクロスして「ウィッシュ!」,,,をしちゃいました.
日本にも,こんな綺麗なクモがいるんだと,感激しました.
こちらでも,600m以上で見られます.ビジョオニグモと同じ環境にいます.アカオニグモ・ニシキオニグモ等を追っかけているうちに,鷹の渡りを逃してしまいました.
キノコもこの雨では,,,,,,.

投稿: vittata | 2008年10月 1日 (水) 00時10分

vittataさん、こんばんは。

やはりそうですよね〜。あんなきれいなオレンジ色の蜘蛛ってあまりいないですものね〜。何度見ても感動します。

残念なことに、今年はまだ実物を見ていません。なんとしても見に行きたいのですが、なかなか思うように時間が…

あ〜、蜘蛛の写真を撮りたいです(おかげで、ブログの更新がままなりません)。

投稿: mushizuki | 2008年10月 1日 (水) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/24079746

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジの蜘蛛が見たい!:

« 色づく果実 | トップページ | あれっ、デーニッツ君じゃないの? »