« ナガコガネグモはもう大人? | トップページ | 消えそうな線香花火 »

2008年7月24日 (木)

あやしい二人

0807242
白いカーテンの向こうに2つの影が見えます。一人は黒い大男、もう一人は明るい服を着たご夫人のようです。


0807243
あっ、出てきました!


0807244
どうやらオスクロハエトリのようです。男は彼女のことを気にせず、さっさと行ってしまいました。


0807245
「ちょっと〜、待ってよ〜」
彼女は一人取り残されてしまいました。さて、この後の展開は…ご想像にお任せします。

(蜘蛛はオスよりメスの方が大きいことが多いのですが、このペアはオスの方がかなり大きかったです。もしかして、彼女が成人する前に婚約を交わしたのでしょうか?)

●オスクロハエトリ/Mendoza canestrinii
ハエトリグモ科テナガハエトリグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.7.18/水戸市)

|

« ナガコガネグモはもう大人? | トップページ | 消えそうな線香花火 »

コメント

ナガコガネグモとは逆に,オスクロハエトリは姿を見せなくなりました.
こちらは暑くて,,,.真夏日と熱帯夜が続いています.

投稿: vittata | 2008年7月24日 (木) 21時07分

気のせいかもしれませんが、こちらもオスクロハエトリは減少気味のような気がします。加えて、ヤハズハエトリもほとんど見ません。その代わり、増えているのがキタヤハズハエトリでしょうか。

キタヤハズは北方性なので、そちらにはいないと思いますが…
キタヤハズがけっこうな勢いで生息地を広げている印象があります。

投稿: ささがに | 2008年7月25日 (金) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/22473752

この記事へのトラックバック一覧です: あやしい二人:

« ナガコガネグモはもう大人? | トップページ | 消えそうな線香花火 »