« 橋の上の蜘蛛 | トップページ | 我が国最小のハエトリグモ »

2008年6月18日 (水)

橋の上のデジャヴ

0806189
今回の観察地は行方市(なめがたし)にある水の科学館付近です。写真はそこから見た景色です。霞ヶ浦の向こうに見える左の山が筑波山です。中央付近にあるのが足尾山から加波山(かばさん)に連なる山々、右の方に見えるのが難台山(なんだいさん)や吾国山(わがくにさん)です。

前回に続き、水路に架かる橋に来ました。今度の橋は木製です。さてどんな蜘蛛がいるのかと思ったら…


08061810
またギンメッキゴミグモシロカネイソウロウグモです。前回の個体よりお腹はふくらんでいます。


08061811
またネコハグモです。今度の卵のうは卵の数が数えられそうです。10個以上入っています。ネコハグモの産卵数は意外と少ないことがわかりました。

ギンメッキゴミグモ、ネコハグモは、前回も見かけた蜘蛛です。頻繁に目にするということは、この季節が産卵の時期なのでしょう。


080618120806181308061814

08061815
お着替えの瞬間を目にしました。お色直しをしていたのは、ズグロオニグモのようです。脱皮直後は頭が黒くないようです。今回の件で、ズグロオニグモはぶら下がり脱皮をすることがわかりました。

ギンメッキゴミグモ/Cyclosa argenteoalba
コガネグモ科ゴミグモ属

●シロカネイソウロウグモ/Argyrodes bonadea
ヒメグモ科イソウロウグモ属

●ネコハグモ/Dictyna felis
ハグモ科ハグモ属

●ズグロオニグモ/Yaginumia sia
コガネグモ科ズグロオニグモ属


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.6.7/行方市・旧玉造町)

|

« 橋の上の蜘蛛 | トップページ | 我が国最小のハエトリグモ »

コメント

二番目の写真,,,シロカネイソウロウグモでは
(私,素人なもんで,,,間違っていたらごめんなさい!)

投稿: vittata | 2008年6月19日 (木) 01時04分

vittataさん、ありがとうございます。

まったく気付きませんでした。シロカネイソウロウグモの間違いです。訂正しました。

これからも遠慮なくツッコミを入れてください。素人なので、とんだ勘違いも多いので、ご指摘いただける方のコメントはとても頼りになります。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ささがに | 2008年6月19日 (木) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/21715722

この記事へのトラックバック一覧です: 橋の上のデジャヴ:

« 橋の上の蜘蛛 | トップページ | 我が国最小のハエトリグモ »