« 岩場から獲物を狙う牙 | トップページ | 青いドレスの蜘蛛 »

2008年6月 7日 (土)

田んぼを走るクマのぬいぐるみ

0806076
クロココモリグモです。茨城県南部の水田ではよく見かける蜘蛛です。数は少ないですが、見つからないというほどではありません。

全体的に毛羽立った印象のある蜘蛛です。遠くから見ても、ほかのコモリグモとようすが違うのがわかります。特に白い毛が目立つので、田んぼにいるとキラキラした水の反射にまぎれて見失いがちです。まさか、そんなことまで計算してこの模様を採用しているのではないでしょうが、保護色に近いものを感じさせます。


0806077
イナダハリゲコモリグモやウヅキコモリグモなど、ほかのコモリグモの仲間と比較すると歩調は遅いような気がします。一気に遠くまで逃げ去るようなことはせずに、すぐに土の塊やへこんだ部分に隠れようとします。そんなのんびり屋さんのところもかわいらしいです。固まっている姿などは、クマのぬいぐるみのようで愛らしいと思います。


●クロココモリグモ/Arctosa subamylasea
コモリグモ科ミズコモリグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.6.1/石岡市)

|

« 岩場から獲物を狙う牙 | トップページ | 青いドレスの蜘蛛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/21471123

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼを走るクマのぬいぐるみ:

« 岩場から獲物を狙う牙 | トップページ | 青いドレスの蜘蛛 »