« 微小グモの卵のうづくり | トップページ | アシナガグモだけどちょっと違う »

2008年5月17日 (土)

釈迦と蜘蛛、じゃなくてシャガと蜘蛛

08051721
これは石岡市(旧八郷町・やさとまち)にある茨城県フラワーパーク内のシャガ群落です。


08051722
そこに一匹の蜘蛛が…。
初めて見る蜘蛛です。ガザミグモのオスのような気がします。


0805172308051724
念のため図鑑の写真と見比べてみました。たぶん間違いないと思います。

こんなところを徘徊しているとは思いませんでした。きっとメス探しの旅に出かけたところだったのでしょう。ということは、この時季が繁殖期なんですね〜。


0805172508051726
さて、シャガの花にはこんな蜘蛛も。イヅツグモです。針葉樹(ときにはコナラなどの広葉樹にも)の樹皮上にいることが多いのですが、花も好きなのでしょうか? シャガの周りにはスギの木が多かったので、そこから降りてきたのかもしれません。


08051727
こちらはシャガ群落の上にある展望塔からの眺めです。左側は吾国山(わがくにさん・518m)、中央よりやや右にある小高い山が難台山(なんだいさん・653m)です。この両者の間にはハイキングコースがあり、大勢の人が山歩きを楽しんでいます。途中にあるカタクリやスズランの群落は有名です。これらの山の向こうは笠間市になります。


●ガザミグモ/Pistius undulates
カニグモ科ガザミグモ属

●イヅツグモ/Anyphaena pugil
イヅツグモ科イヅツグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.5.4/石岡市・旧八郷町)

|

« 微小グモの卵のうづくり | トップページ | アシナガグモだけどちょっと違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/20985935

この記事へのトラックバック一覧です: 釈迦と蜘蛛、じゃなくてシャガと蜘蛛:

« 微小グモの卵のうづくり | トップページ | アシナガグモだけどちょっと違う »