« サラグモの交接 | トップページ | 真昼の決闘 »

2008年5月20日 (火)

キタヤハズハエトリが増えている?

0805201
身近な場所でいろいろな蜘蛛を観察していますが、田んぼの周辺部のようなちょっと湿気のある場所にはテナガハエトリグモ属(Mendoza)が多いです。

以前はオスクロハエトリをよく見かけましたが、最近はキタヤハズハエトリが目立ちます。写真はキタヤハズハエトリのメスです。


0805202
こちらがオスです。キタヤハズハエトリのオスは、かなり小さなときから腹部の模様がはっきりしているのですぐに分かります。この独特の丸い斑紋が特徴なのですが、下地の金色もなかなか美しいです。


●キタヤハズハエトリ/Mendoza ibarakiensis
ハエトリグモ科テナガハエトリグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.5.7/小美玉市・旧小川町)

|

« サラグモの交接 | トップページ | 真昼の決闘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/21039195

この記事へのトラックバック一覧です: キタヤハズハエトリが増えている?:

« サラグモの交接 | トップページ | 真昼の決闘 »