« フクログモと間違えそうなワシグモ | トップページ | 久々に見たマダラスジハエトリ »

2008年5月26日 (月)

美しい緑のモザイク

0805264
いつ見てもきれいな蜘蛛です。ウロコアシナガグモかエゾアシナガグモだと思います。両者は似ているので、いつも悩まされます。

脇には糸で作られた袋状のものが写っています。見つけたときに卵のうかと思いましたが、違っていました。だとすると、脱皮用の仮住居でしょうか。自分はアシナガグモの仲間が仮住居内で脱皮するのを見たことがないので、今ひとつ確信が持てません。

この袋状のものは別の種類の蜘蛛、あるいは蛾の幼虫などが作ったもので、写真の蜘蛛はたまたまこの場所にいただけなのかもしれません。なんとなく葉が丸まっていたので、きっと居心地がよかったのでしょう。よく見れば、すぐ近くに蛾の幼虫が葉を食べたような跡が見受けられます。

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.5.8/小美玉市・旧美野里町)

|

« フクログモと間違えそうなワシグモ | トップページ | 久々に見たマダラスジハエトリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/21170834

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい緑のモザイク:

« フクログモと間違えそうなワシグモ | トップページ | 久々に見たマダラスジハエトリ »