« ヒラタグモの背中の模様 | トップページ | 去年の蜘蛛…サガオニグモ »

2008年3月12日 (水)

月の〜 砂漠を〜

0803121
はるばるやってきたのは駱駝ではなく、蜘蛛でした。砂粒と比較していただいてもお分かりのように、かなり小さなハエトリグモです。体長は3ミリ程度。かわいいったら、ありゃしない…そんな蜘蛛でした。


0803122
自分はあまり見た記憶がありません。気になって図鑑で調べてみたら、ネオンハエトリのようでした。見つけたのは砂場のような場所ですが、岩が積み上げてある場所などでも数個体見つけました。図鑑には「山麓から山地にかけて多く、林の中やその周囲に生息」とありましたが、普通の平地にもいるようです。

この日はほかにも、イワテハエトリやウヅキコモリグモなども見かけました。いよいよ春本番、蜘蛛ネタには事欠かない季節になりました。


●ネオンハエトリ/Neon reticulates
ハエトリグモ科ネオンハエトリグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.3.11/行方市)

|

« ヒラタグモの背中の模様 | トップページ | 去年の蜘蛛…サガオニグモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/11208536

この記事へのトラックバック一覧です: 月の〜 砂漠を〜:

« ヒラタグモの背中の模様 | トップページ | 去年の蜘蛛…サガオニグモ »