« 去年の蜘蛛…ヤチグモの一種 | トップページ | ひよっとして、ひょっとすると… »

2008年3月 2日 (日)

問題はコイツだ!

久々の蜘蛛観察に出かけました。というのも、新しいマウンテンバイクに乗ってどこかに行きたかったからです。でも、これには弱点があります。マウンテンバイクは荷物が積めません。欲望を満たすための最終手段として、カメラ、レンズ、採集セットなどすべてをリュックに詰めて出かけることにしました。

向かったのは市街地にある公園です。太いケヤキが何本もあり、樹皮裏を観察するにはもってこいです。まともに蜘蛛探しをするとこの季節は空振りが多いので、確実なケヤキの木にターゲットを絞りました。


0803021
発見したのはキハダカニグモです。鱗状になった大きめの樹皮を剥がすとたいがい見つけられます。


0803022
0803023
不思議なのは、キハダカニグモと必ず同居している蜘蛛がいることです。それが上の蜘蛛。体長は半分以下の5ミリ程度です。最初はキハダカニグモの幼体かと思いましたが、よく見たらコカニグモのような気がしてきました。というより、自分はコカニグモと勝手に決めてしまいました。ただし気になるのは、今まで松の木でしか確認していないこと。ケヤキの木にもいるのでしょうか? 一抹の不安が残ります。でも、腹部後方の細かい段差や頭胸部の縁の白い筋などを見ると、やっぱりコカニグモのような気がしてきます。

●キハダカニグモ/Bassaniana decorata
カニグモ科キハダカニグモ属

●コカニグモ/Coriarachne fulvipes
カニグモ科コカニグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.3.2/石岡市)

|

« 去年の蜘蛛…ヤチグモの一種 | トップページ | ひよっとして、ひょっとすると… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/10882148

この記事へのトラックバック一覧です: 問題はコイツだ!:

« 去年の蜘蛛…ヤチグモの一種 | トップページ | ひよっとして、ひょっとすると… »