« 印象に残る蜘蛛7…コケオニグモ | トップページ | 去年の蜘蛛……イヅツグモ »

2008年1月14日 (月)

にわかクモ探検隊、出動!

3連休最終日の今日は、まずまずのお天気でした。しかし、本日は昼から仕事が…。でも居ても立ってもいられなく、仕事前にクモ探検隊に「へんし〜ん」! わずか1時間程度でしたが、久しぶりの蜘蛛探しに心がときめきました。


08011401
ところが、探しても探しても蜘蛛が見つかりません。ご覧のような田んぼには、普通だとコモリグモ科の蜘蛛がうろうろしているはずなのですが…。あまりにも寒いせいか、どこかに隠れてしまったようです。あるいは全滅してしまったのでしょうか?


08011402
通常なら、ナカムラオニグモが枯れたセイタカアワダチソウの先端を利用して越冬用の住居を作っているのですが、まったく見当たりません。田んぼによってはナカムラオニグモがいないということもあるようです。土手にこれだけのセイタカアワダチソウがあるにも関わらず…。

そこで考えました。なぜ、いる田んぼといない田んぼがあるのだろうと。なぜなのでしょう? この疑問を解明するには、今後の調査が必要です。これからは、時間を見つけて冬の田んぼ巡りをしていこうと考えました。(行けるかどうかは分かりませんが)

一時間ほどうろうろしたら、お昼近くになってしまいました。すると、地表部分が温まってきたせいか、何匹かのコモリグモが歩いているのを見つけました。これらはすべて土手で発見したものです。水田部分には一匹もいませんでした。


08011403
08011404_2
上が見つけた蜘蛛です。コモリグモ科の蜘蛛には違いありませんが、名前までは断定できません。何と言ってもコモリグモは同定が難しいのです。私のような素人には手も足も出ません。と言いつつも、自分自身のなかでは当てずっぽうにある名前が浮かんできました。イナダハリゲコモリグモです。これは素人の思い込みなので当てにはなりません。


08011405
08011406
次に見つけたのがこの蜘蛛です。ウヅキコモリグモだと思うのですが、いかがなものか…。自信が持てません。というわけで、今年はコモリグモ科の蜘蛛も積極的に見ていきたいと思っています。

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2008.1.14/笠間市・旧友部町)

|

« 印象に残る蜘蛛7…コケオニグモ | トップページ | 去年の蜘蛛……イヅツグモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/9884966

この記事へのトラックバック一覧です: にわかクモ探検隊、出動!:

« 印象に残る蜘蛛7…コケオニグモ | トップページ | 去年の蜘蛛……イヅツグモ »