« 蜘蛛に会いたくなって… | トップページ | ジョロウグモの糸はほんとに黄色い? »

2007年11月 9日 (金)

キクメハシリグモはいるのか?

前回からのつづき、小美玉市(旧美野里町)の水田です。


0711091
結論から言うと、キクメハシリグモはいませんでした。似たような場所だったので、もしかしたら…と思いましたが、期待は見事に裏切られました。もっとも、一度だけの観察なので断定はできません。


0711092
気分を切り替えて、田んぼのなかを見て回ることにしました。水田の縁にいたのはウヅキコモリグモの幼体です。


0711093
刈り取りが終わり、乾燥気味の田んぼのなかにはキクヅキコモリグモがものすごくたくさんいました。刈り取ったあとの穂が薄く敷かれた場所などは、まさにキクヅキ天国。一歩踏み出すたびに足下からワッと出てきました。大きさは4ミリ程度から7ミリくらいまでさまざまです。


07110940711095
なかにはオスらしき個体もいました。この時期にオスを見るのは珍しいと思います。ほかのコモリグモはオスを見かけたことがありませんが、キクヅキコモリグモは特別なのでしょうか? 一匹だけではなく数匹見かけました。


●ウヅキコモリグモ/Pardosa astrigera
コモリグモ科オオアシコモリグモ属

●キクヅキコモリグモ/Pardosa pseudoannulata
コモリグモ科オオアシコモリグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.11.8/小美玉市・旧美野里町)

|

« 蜘蛛に会いたくなって… | トップページ | ジョロウグモの糸はほんとに黄色い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/8827212

この記事へのトラックバック一覧です: キクメハシリグモはいるのか?:

« 蜘蛛に会いたくなって… | トップページ | ジョロウグモの糸はほんとに黄色い? »