« ハンゲツオスナキグモがいた! | トップページ | 気になっていた蜘蛛はヤマヤチグモらしい »

2007年11月 6日 (火)

ツタの裏にユウレイグモ

先週の木曜と土曜に小美玉市(旧小川町)の「やすらぎの里」で蜘蛛探しをしましたが、日曜日にも再び行ってきました。


07110601
まず目についたのはツタの葉です。葉の所々に蜘蛛の網が見えます。いったいどんな蜘蛛がいるのかと葉の裏を覗いてみました。


07110602
ユウレイグモです。こんな場所で網を張るとは知りませんでした。体長は4〜5ミリでした。まだ幼体なのかもしれません。


07110603
園内には日本庭園のような場所があって、コンクリート製のオブジェがおいてあります。そのひとつにオオヒメグモらしき蜘蛛が網を張っていました。いつも軽く息を吹きかけると動くはずなのですが、その蜘蛛は動きませんでした。不思議に思い、指で突ついてみましたがピクリともしません。よく見るとようすが変です。体全体にカビが生えていました。


07110604
庭園内には渡り廊下があります。半円の弧を描いていて、ちょっとシャレた感じです。この庇の部分にはオオヒメグモの卵のうがたくさんありましたが、親蜘蛛は一匹もいませんでした。


07110605
コガネグモでしょうか、まだ小さな幼体です。もしかするとコガタコガネグモかもしれません。網の中央にはX印に網が濃くなった部分があります。これは隠れ帯というもので、蜘蛛の種類によってはこの帯を作るものがいます。しかも、種類ごとに直線、X印、渦巻きと形状が違うのもおもしろいです。

このあと、土曜日にハンゲツオスナキグモを見つけた場所に向かいますが、つづきは次回にします。

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.11.4/小美玉市・旧小川町)

|

« ハンゲツオスナキグモがいた! | トップページ | 気になっていた蜘蛛はヤマヤチグモらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/8765403

この記事へのトラックバック一覧です: ツタの裏にユウレイグモ:

« ハンゲツオスナキグモがいた! | トップページ | 気になっていた蜘蛛はヤマヤチグモらしい »