« フジイとアライト、コモリグモ2種 | トップページ | キクメハシリグモはいるのか? »

2007年11月 8日 (木)

蜘蛛に会いたくなって…

07110801
「ガソリンを入れに行かなければ…」と、無理矢理に理由と時間をつくって行ってきました。給油のついでに向かったのは隣町の小美玉市(旧美野里町)です。前から気になっている場所があったので、今日こそは! と思い現地に向かいました。

なぜ気になっていたかというと…、ここには水路があって、キクメハシリグモがいるのではないかと予想したからです。旧美野里町にはキクメハシリグモがたくさんいる場所があります。その場所となんとなく環境が似ていると感じたのです。


0711080307110802
まずは水田の縁から見て回りました。さっそく見つけたのはアシナガグモです。水路に網を張っていました。どこにでもいる蜘蛛なので珍しくはありませんが、とりあえず撮ってみました。しかも腹部です(右側はオス)。

07110804
この蜘蛛は網にいるときはもちろん、棒などにつかまらせても背中を上にすることがありません。まったく撮影者泣かせの蜘蛛です。仕方ないので、地面に下りてもらいました。


07110805
07110806
水路にはナカムラオニグモの網と住居がたくさんありました。メヒシバらしき草の先端を丸めて綿棒の先のようにしています。穂先の白い糸布団のなかにいるのがナカムラオニグモです。


07110807
07110808
ここでちょっと不思議に思うことがあります。先日、行方市(なめがたし)に行ったときにも、このような住居をたくさん見ました。行方市では、ナカムラオニグモだけでなく、ズグロオニグモもかなりの数を見ています。しかし、この県南地域から県央地域にかけての水田ではズグロオニグモをまったく見ません。なぜでしょう?


●アシナガグモ/Tetragnatha praedonia
アシナガグモ科アシナガグモ属

●ナカムラオニグモ/Larinioides cornutus
コガネグモ科ナカムラオニグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.11.8/小美玉市・旧美野里町)

|

« フジイとアライト、コモリグモ2種 | トップページ | キクメハシリグモはいるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/8827018

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛に会いたくなって…:

« フジイとアライト、コモリグモ2種 | トップページ | キクメハシリグモはいるのか? »