« コガネグモはずぼら? | トップページ | ずいぶん大きくなったね »

2007年8月19日 (日)

こんな蜘蛛もいるんだなぁ

8月になってから、蜘蛛を探しにいく回数が減りました。暑さの影響が一番ですが、探しても見つからないということも大いに関係しています。虫たちが活発に動き回っているわりに、蜘蛛はすっかり鳴りを潜めているようです。夜になれば多少は活動的になるのかもしれませんが、夜間は時間が取れません。

P8060001

写真は、仕事の関係で茨城県北部に出かけたときにスナップ的に撮ったものです。この蜘蛛、図鑑で見たので知っていましたが、県南部では一度も見たことがありません。実物を初めて見たのでちょっと感動しました。

P8060003

このセマルトラフカニグモは、名前の通りカニグモ科の蜘蛛です。事前に知っていなければ、カニグモ科とは思わなかったかもしれません。普段見かけるカニグモとはちょっと印象が違うような気がしました。でも、よく見ると目のつき方がカニグモ科の蜘蛛そのものです。

ちなみに、見つけたのは沢に転がっている石の上。「なぜ、こんなところにいるのだろう?」と思いました。


セマルトラフカニグモ/Tmarus rimosus
カニグモ科トラフカニグモ属


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.8.6/大子町)

|

« コガネグモはずぼら? | トップページ | ずいぶん大きくなったね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435933/7594116

この記事へのトラックバック一覧です: こんな蜘蛛もいるんだなぁ:

« コガネグモはずぼら? | トップページ | ずいぶん大きくなったね »