トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月26日 (木)

コガネグモはずぼら?

前回のつづき…
休耕田の方に足を伸ばすと、コガネグモの網がたくさんありました。こうして見ると不思議な造形物です。よく見ると穴があいていたり、ほつれていたり…コガネグモって、けっこうずぼらなのかもしれません。

P7240145

きっと、この蜘蛛のように大型の網を張るにはたくさんのエネルギーが必要なのでしょう。ちゃんと虫が引っかかるのなら、ちょっとの穴空きなどは気にしていられないのかもしれません。

P7240135 P7240131

コガネグモをちょっといじってみて気づいたことがあります。コガネグモ科の仲間は驚かしたりすると網をゆさゆさと揺らす習性があるのが知られています。そのときにお尻の末端にある糸疣をグッと広げます(右)。真上から見ると赤い部分が大きくなり、ちょっと不気味です。威嚇の意味なのか、糸をすぐ出せるようにする準備なのかはわかりませんが、見つけたら試してみてください。

P7240104 P7240110

7月24日の蜘蛛探検はこれでおしまいです。

コガネグモ/Argiope amoena
コガネグモ科コガネグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.7.24/小美玉市・旧美野里町)

●この日確認した蜘蛛は8科18種でした。

タナグモ科
コクサグモ

キシダグモ科
イオウイロハシリグモ、キクメハシリグモ

コモリグモ科
キクヅキコモリグモ、イナダハリゲコモリグモ

ナゲナワグモ科
オオトリノフンダマシ

ジョロウグモ科
ジョロウグモ

アシナガグモ科
アシナガグモ、オオシロカネグモ、キララシロカネグモ、ウロコアシナガグモ

コガネグモ科
ナガコガネグモ、ナカムラオニグモ、ドヨウオニグモ、サツマノミダマシ、コガネグモ、

ハエトリグモ科
マミジロハエトリ、オオハエトリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

キクメハシリグモ、かっこいい

P7240028

前回からのつづき…
水路を覗き込むと、いました、いましたキクメハシリグモ。大型のハシリグモだけあって存在感はかなりのもの。いつもはササッと逃げてしまうのに、きょうの個体はじっとしています。それをいいことに何枚も写真を撮影。そのそばにはキクメハシリグモより大きいイオウイロハシリグモ(下)がいました。20ミリくらいはあったと思います。う〜ん迫力があります。

P7240030

ふと、上から垂れ下がるクズの葉を見るとオオトリノフンダマシがついていました。いつもは田んぼのイネの葉についているのを目にしますが、この日はクズの葉の裏にいました。

P7240052

P7240045

下の写真はウロコアシナガグモです。卵のうを守っているのでメスのようです。ほかにもサツマノミダマシ(下左)やイオウイロハシリグモ(下右)などがいました。

P7240071 P7240081

P7240065 P7240060

さらに畦を進むと、そばにタバコ畑があります。大きな煙草の葉にはナカムラオニグモがいました。茨城県南部の水田では、このナカムラオニグモは最優先種のような気がします。とにかく数が多い蜘蛛です。イネの葉先がくるりと丸まっていたら、そのなかにはこの蜘蛛がいると思って間違いありません。

P7240091

P7240013

さて、この先の休耕田にはどんな蜘蛛がいるのか楽しみです。このつづきは次回へ…。


キクメハシリグモ
キシダグモ科

イオウイロハシリグモ/Dolomedes sulfurous
キシダグモ科ハシリグモ属

オオトリノフンダマシ/Cyrtarachne inaequalis
ナゲナワグモ科トリノフンダマシ属

ウロコアシナガグモ/Tetragnatha squamata
アシナガグモ科アシナガグモ属

サツマノミダマシ/Neoscona scylloides
コガネグモ科ヒメオニグモ属

ナカムラオニグモ/Larinioides cornutus
コガネグモ科ナカムラオニグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.7.24/小美玉市・旧美野里町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

キクメいるかなぁ

今日は朝から快晴。梅雨明けしたかと思うくらいにいい天気でした。ということで、午後から時間をつくって「クモ探検隊」に出動命令を出しました。

P7240001

出かけたのは小美玉市(旧美野里町)にある谷津田。雑木林に囲まれた静かな田んぼです。場所によっては湿地のような所もあって、シッチコモリグモなども見られます。周囲の雑木林はかなり保水力があるらしく、数か所からひたひたと水がしみ出しています。じつは、ここの水田の脇には比較的大きなコンクリート水路があり、壁面にたくさんのキクメハシリグモがくっついているのです。今日はそれを見るのがひとつの目的でした。

P7240003

P7240016 P7240017

畦を歩き始め、まず目についたのはキクヅキコモリグモ。今まで蜘蛛を見てきた経験から言うと、農薬や除草剤をたくさん使っている場所では、この蜘蛛をあまり見かけませんでした。今日の田んぼには、たくさんというわけではありませんが、あちこちで見かけました。

P7240007

キクヅキコモリグモに混じって、イナダハリゲコモリグモらしき蜘蛛もいました。目的の水路まで行くと、先月とはまったく違うようす。下草が伸び放題で、水路に近づくこともままなりません。足で草をなぎ払うようにしてゆっくりと水路に近づいていきます。とりあえず水路を覗き込めるところまで来たのですが…。

このつづきは次回へ。


キクヅキコモリグモ/Pardosa pseudoannulata
コモリグモ科オオアシコモリグモ属

イナダハリゲコモリグモ/pardosa agraria
コモリグモ科オオアシコモリグモ属

参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.7.24/小美玉市・旧美野里町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

キタヤハズ天国

ここは筑波山の麓にある谷津田です。無農薬栽培をしているので、いろいろな蜘蛛がいます。年間を通してみれば60種ぐらいは見られるのではないでしょうか? 先月までは、畦にコモリグモ科の蜘蛛がいっぱいいました。

070723

この田んぼにはたくさんのキタヤハズハエトリがいます。写真は産室です。このなかにメスと卵が入っています。

0707231

0707232 0707233

ちょっと開けてみました。すると…きれいな金の筋と黒い斑点のあるメスの姿が見えました。いつみても美しいハエトリグモです。

0707234

0707235

キタヤハズハエトリMendoza ibarakiensis
ハエトリグモ科テナガハエトリグモ属


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.7.9/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

鳥の糞? いいえ蜘蛛です

前回からのつづき…

オスクロハエトリの格闘を見たあと、さらに畦を歩きつづけるとイネの葉の上に白いものを見つけました。オオトリノフンダマシです。

P7120124

最近よくこの蜘蛛を見かけます。ここ数回見たものはほとんどが田んぼのイネの葉の上、あるいは裏でした。オオトリノフンダマシが水田にいるとは知りませんでした。これからも注意して見ていこうと思います。

しばらくして雨が降ってきたので、この日の蜘蛛探検は終了としました。


オオトリノフンダマシCyrtarachne inaequalis
ナゲナワグモ科トリノフンダマシ属


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.7.12/小美玉市・旧小川町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

蜘蛛の相撲を観戦

前回のつづき…

公園内を歩いていくと途中に田んぼがありました。蜘蛛はいないかなぁ〜と畦を行くと、黒く細長い物体を発見。オスクロハエトリでした。しかも2匹。にらみ合ってなにやら怪しげな雰囲気。

P7120114

「おいおい、なんだよ」
「そっちこそなんだ」
「彼女は俺のものだ!」
「お前なんかに渡すもんか!」
「やるのか〜」
「おお、望むところだ」

P7120117

と、こんな具合です。じつは稲の葉先にはメスがいるのです。葉を重ね合わせ、糸でかがり、産室はすでに準備されています。彼女はそのなかで待っているのです。

そんな彼女の目の前で、今にも取っ組み合いのけんかが始まろうとしているところでした。

P7120120_1 P7120122

結局、負けた方はすごすごと立ち去り、勝者はゆっくりとメスの方へ近づいていきました。上の葉に跳び移った敗者はうらやましそうに下の勝者を見ています。勝者は悠然と産室の扉を開けたのでした。めでたし、めでたし…とは素直に喜べません。負けた方がどうなるのか少し心配になりました。挑戦者として、また新たな相手に挑みかかるのでしょうか?

オスクロハエトリMendoza canestrinii
ハエトリグモ科テナガハエトリグモ属


参考文献:文一総合出版『日本のクモ』
(2007.7.12/小美玉市・旧小川町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

蜘蛛を探しに…

スッキリしないお天気が続いています。ブログのスタートは天気のいい日に撮影した写真にしたいと思っていたのですが…。ここ数日天気がよくならないので、曇り空の下で撮った写真で始めてしまいます。

P7120005_1

この日出かけたのは小美玉市にある公園。池があったり小高い場所に雑木林があったりと地形的な変化に富んだ公園です。まず出迎えてくれたのは池の周囲にいるアシナガグモ。なかには写真のウロコアシナガグモ(ハラビロアシナガグモ?)らしき蜘蛛もいました。でも、ほとんどが普通のアシナガグモ。この季節になると“これでもか”ってぐらいいます。池の周囲を歩きましたが、ヤサガタアシナガグモやトガリアシナガグモはいませんでした。このほか、池の周りにはコモリグモ科の蜘蛛が数種いました。一番多かったのはウヅキコモリグモです。

P7120014_1

桜の幹に見たこともがない蜘蛛がいました。網のようすからするとサラグモ科の蜘蛛ですが、図鑑を見てもわかりませんでした。残念。

P7120033_1

P7120038 P7120040

このつづきは次回へ。


参考文献:保育社『日本原色クモ類図鑑』
(2007.7.12/小美玉市・旧小川町)


*このブログは「蜘蛛・クモ探検隊」を引き継いだものです。以前のブログのアドレスは以下の通りです。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/kumokumo9090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年8月 »