2013年7月16日 (火)

八本脚のデザイナーたち

1307161
ホラー的な世界を表現する際に描かれることが多い蜘蛛の円網。ときには邪悪なイメージで、またあるときは悪魔的な世界を演出する際にも用いられますよね〜


すごく残念です。


蜘蛛に興味のなかったときは私も上記のイメージがありました。それはまさに先入観というか刻印付けされたものではないでしょうか。


それに気がついたのが数年前。別の視点で見ると、円網が芸術作品のようにも見えることに気づきました。


種類によって網の形は多種多様で、二次元的なものもあれば奥行きのある三次元のものまであります。


行き当たりばったりで作っているとは思えない、その幾何学的な模様が美しく思えてきたわけです。


1307162
さて、写真はナガコガネグモの網です。2匹はほんの数センチしか離れていないのに違ったデザインの網を作っています。


正確に言うと、網の中央部分にデザインされた隠れ帯と呼ばれる模様に違いがあります。


1307163
一説によると蜘蛛の空腹状態で模様に違いが出るということですが、正確なことはわかりません。また、紫外線の反射を考えて模様を変えているという説もあったように記憶していますが、こちらも定かなことはわかりません。


「蜘蛛の網を見ていると意外とおもしろいな〜」と思う私です。

●ナガコガネグモ/Argiope bruennichii
コガネグモ科コガネグモ属

(撮影:2013.07.15/栃木県さくら市)


※このナガコガネグモは草の先で体を軽く触れるなどして刺激を与えると、全身を使って網全体をブルブルと揺らします。

これって威嚇行動なのか、防御行動なのかよくわかりませんが、おもしろいのでよくやっています。

蜘蛛にとってはかなりエネルギーを消耗するような運動のような気がしますけど…おもしろいのでついつい…


ちなみに、ほかのコガネグモの仲間たちの多くは触れただけで網から落下するものがほとんどです。それを考えるとこのナガコガネグモはかなり強気な蜘蛛なのかもしれませんね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

蜘蛛のハンモック

1307151
夏の昼下がり、大型の蜘蛛たちは直射日光を避けてどこかに身を潜めていることが多いです。


今日見つけたのは、サクラの木の幹からぴょこんと生えた一枚の葉をハンモック代わりにしているオニグモでした。


1307152
行儀よく脚を折り畳んだ姿は、正しい静止姿勢と言えそうな態勢。何かあったらすぐに地面に飛び降りることができそうです。

(撮影:2013.07.15/栃木県さくら市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

霧ヶ峰のコモリグモ

1307071
長野県茅野市、諏訪市、下諏訪町、長和町にまたがる霧ヶ峰高原。そこに蝶々深山と呼ばれる1836mの山があります。


1307072
蝶々深山の岩場で見つけたのが写真のコモリグモ。チリコモリグモかなと思いましたが、確信が持てません。

結局、種がわからない不明グモになってしまいました。

以前、尾瀬ケ原でチリコモリグモを見ました。今回見つけたものは尾瀬で見たものとは体格がだいぶ違います。尾瀬で見たものは体長が10ミリくらいありましたが、今回のものは7ミリ程度。


もしかすると成体になっていない個体なのかもしれません。

(撮影:2013.07.02/長野県・霧ヶ峰)


1107123
尾瀬で見たチリコモリグモの写真です。

Alpecosa pulverulenta
コモリグモ科スジコモリグモ属

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

真冬の蜘蛛探し5

1301051
樹木プレート裏の蜘蛛、その5回目はオニグモです。


う〜ん、オニグモも越冬するんですね〜。その現場を初めて自分の目で確かめました。けっこう大型の蜘蛛ですから代謝量が大きいので、越冬が難しそうな気がしますけど大丈夫なんですね。


きっと越冬前にはたらふく食べて準備をするのでしょう。


●オニグモ/Araneus ventricosus
コガネグモ科オニグモ属

(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

真冬の蜘蛛探し4

1301041
プレート裏の蜘蛛たち・その4回目はコクサグモの登場です。


まさか、真冬の雑木林でコクサグモに会えるとは思っていなかったので驚きでした。正直なところコクサグモが越冬するなんてことは頭の片隅にもなかったものですから…


冬のプレート裏返しの蜘蛛探しは今まで何度となくやっていますが、コクサグモを見つけたのは初めてかもしれません(単に記憶にないだけかもしれませんが…)。


1301042
こちら場別の個体です。複数の場所で越冬するコクサグモを見つけたということは…間違いなくコクサグモは越冬するということでしょう。それにしても薄いヴェール程度の冬用住居ですが大丈夫なのでしょうか? 他の蜘蛛たちの住居に比べると、すかすか風を通しそうで防寒性はかなり低そうです。ということは、コクサグモは比較的寒さに強いということでしょうか?


多くの蜘蛛が越冬するのでしょうが、自分は人工的環境でしか冬の蜘蛛を見たことがありません。それは今回のような樹木プレートあるいは太い幹にまかれた藁の裏側くらいです。


本来の自然環境のなかで、蜘蛛はいったいどのように越冬しているのでしょう。かねてから疑問に思っていますが、謎はいまだに解けません。


●コクサグモ/Allagelena opulenta
タナグモ科コクサグモ属

(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

真冬の蜘蛛探し3

1301031
樹木の名前プレートで見つけた蜘蛛たち。その報告の3回目はカニグモの仲間たちです。


まずはガザミグモ。いくつかのプレートを裏返して観察した結果、数か所でガザミグモを見つけました。いずれもメスで、オスはいませんでした。体長は6〜10ミリ弱の個体数匹でした。


1301032
野暮ったい印象が拭いきれないカニグモ科のなかで、このガザミグモはなかなかの美人系だと思います。メスなので精悍という言葉は似合わないかもしれませんが、シャープな感じのする知的美人といいましょうか…カッコいい蜘蛛だと思います。


1301033
さて、お次はその野暮ったさ全開のキハダカニグモ(体長は5〜6ミリ)。色や模様からしてさえない印象が否めません。とは言ってもそれがカニグモ科らしいといえばその通りです。


以前、別な場所で樹木プレートをひっくり返して蜘蛛探しをしたことがあります。そのときもガザミグモとキハダカニグモは必ずと言っていいほど見かけました。いわばプレート裏の常連とも言える存在です。

●ガザミグモ/Pistius undulates
カニグモ科ガザミグモ属


●キハダカニグモ/Bassaniana decorata
カニグモ科キハダカニグモ属

(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

真冬の蜘蛛探し2

1301021
前回に引き続き、樹木の名前プレートの裏で見つけた蜘蛛の報告です。


こちらは体長約10ミリのオオハエトリ。ハエトリグモの仲間では比較的大型の蜘蛛です。茨城県南部ではいろいろな場所で見かける蜘蛛といえます。どちらかといえば、森林性の蜘蛛と言いましょうか、雑木林で見つけることが多いです。


前回報告したマダラスジハエトリと同様に毛むくじゃらの印象が強い種類と言えるのではないでしょうか。さらに、毛むくじゃらと言えばシラヒゲハエトリもその一つ。シラヒゲハエトリに関しては、古い木造住宅で見かけることが多いです。

●オオハエトリ/Marpissa milleri
ハエトリグモ科オオハエトリグモ属


(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

真冬の蜘蛛探し

1301011
真冬に蜘蛛を見つけるなら、公園の樹木に掛けられている名前プレートが一番手っ取り早いです。


ただし、配慮しなければならないのが越冬中の蜘蛛たちのこと。まずは、プレートは静かにめくること。プレートの裏には、蜘蛛の越冬用の住居といえる寝袋状の袋があります。この糸で編まれた袋のなかで、蜘蛛たちは寒い冬を耐えているわけです。


1301012
なかには驚いて袋を飛び出し、地面に落ちてしまうものがいます。寒さで体力も消耗しているでしょうし、運動能力も下がっていることでしょう。しおり糸をたぐって家に帰ることはできるでしょうが、プレートめくりのときに剥がれてしまった糸を修復し、元の暖かい住居に戻すには相当なエネルギーを使わなければならないかもしれません。


上記のようなことを考えると、極力蜘蛛たちに迷惑をかけないように静かにプレートをめくり、元通りに戻さなければならないと思います。


元旦に蜘蛛探しをするとは思ってもみませんでしたが、あまりにも暇だったのでかつて足を運んだ公園に出かけてみました。以前、この公園でイヅツグモをみつけたので、今日は冬眠中の彼らに出会えればと期待していました。


結果から言うと、イヅツグモにはまったく出会えませんでした。その代わり数種の蜘蛛を見かけたので報告したいと思います。


1301013
今回の蜘蛛探しで特に印象に残ったのがマダラスジハエトリ(メス)です。茨城県南部で蜘蛛観察をしている自分が、この蜘蛛を見たのは数回です。それほど珍しい蜘蛛とは思えないのですが、目撃回数は非常に少ないです。もしかすると樹上生活の比率が多い蜘蛛なのかもしれません。人の身長よりも高い位置を移動しながら獲物を探しているのでは…と勝手に想像してしまいます。


じつは、マダラスジハエトリのオスをまだ見たことがありません。今年はぜひお会いしたいものです。


●マダラスジハエトリ/Plexippoides annulipedis
ハエトリグモ科マダラハエトリグモ属

体長は約10ミリ。なんとなく毛深い印象の蜘蛛です。メスの腹部末端近くにある白い「ハ」の字が特徴です

(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

お椀の下で待ってます

1212171
見るからにサラグモの張る網です。お皿型というかお椀型というか、よくもこんな形の網が張れるものです。蜘蛛の器用さにはいつも感心させられます。


1212172
制作者はこちらの蜘蛛。サラグモの仲間であることは間違いありませんが、何サラグモかわかりません。


1212173
見つけたのは群馬県の榛名湖近くにあるユウスゲの道と呼ばれる散策路。いたるところにこの蜘蛛の網がありました。


(撮影:2012.7.7/群馬県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

ずんぐりむっくりオウギグモ

1212161
扇子のような網を張るオウギグモは、体長5ミリ前後の小型の蜘蛛です。小さい蜘蛛は動きが素早いような先入観を持ってしまいますが、この蜘蛛が俊敏な動きをしたのを見たことがありません。


1212162
非常に臆病ですぐに網から落っこちてしまいます。なるべく驚かさないようにして撮る必要があります。姿を見ると蜘蛛らしくない格好をしています。なんだかでっぷりとして、いかにも動きが鈍そう。


茨城県南部では頻繁に見かける蜘蛛ではありませんが、山林や雑木林などでみることがあります。張る網が小さいこともあり、単に見過ごしているだけかもしれません。


●オウギグモ/Hyptiotes affinis
ウズグモ科オウギグモ属


(撮影:2012.11.4/土浦市)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«奥入瀬のサラグモ